書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

「いつもと同じ」惰性的でつまらない人生に終止符を打つために実験(変化)を

「いつもと同じ」ほどに、つまらないことはない。

「いつもと同じ」ってことは、何も考えてないということだ。惰性的であるということだ。

だからと言って、「いつもと同じ」を使うなと言っているのではない。

すべてを「いつもと同じ」で片付けるな。と、言いたいのである。

AppleやFacebookの創業者は、「いつもと同じ」Tシャツばかり着ていた。

「いつもと同じ」を使うことで、その他の部分にフルパワーを注いでいたのだ。

本来であれば、僕らも同じことができるはず。

しかし、まだ、そこまで情熱を注げるものを見つけられてないのなら、ほんの少しだけでいい。

「いつもと同じ」をやめてみるのだ。

実験(変化)を行うのだ。

  • いつもと違うルートで出勤する
  • いつもと違う場所でランチする
  • いつもと違うメンバーで話す
  • いつもと違う車両に乗る
  • いつもと違う順番で着替える

誰にだって、これくらいのことは可能なはずだ。

「いつもと同じ」を使わないことで、惰性的でつまらない人生に終止符が見えてくるだろう。

なぜかって?

ここでいくら説明しても、やってみないとわからない感覚だから、とりあえずやってみてほしい。

何も行動を起こさなければ「いつもと同じ」だ。

ぞの

平成生まれのサラリーマン×ブロガー。
書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。
詳しいプロフィールは、“こちらから”ご覧いただけます。

〜記事を探す〜
〜記事を探す〜