記事のタイトルとURLをコピーする!

無性に本が読みたい・情報収集したいときは、不安を感じているのかも

見上げたら木

無性に本が読みたくなる時期ってありませんか?

僕は、時々やってくるんです。

  • Amazonや書店で、大量に本を購入してしまうこと
  • オーディオブックで本をダウンロードしていること
  • インターネットサーフィンをひたすらやっていること

不安を感じていると情報収集したがる

無意識で情報収集しているときって、ありませんか?

  • 気が付いたら、ネットサーフィンをしてしまっている
  • やたらと、本屋が気になる
  • いつの間にか、本や情報を購入してしまっている

こんな時って、不安を感じていることが多いです。

もっと知りたいって気持ちになっているということは、今は知らないということ。

知らないということは、自分にとって怖いことなのです。

だから、無性に本が読みたくなったり、情報収集がしたくなる時期ってのは、不安を感じているんだなと認識しています。

不安を自覚することが大事

もちろん、不安を感じることが悪いわけではなく、不安を感じていると自覚することで、気持ちが落ち着いてくるのです。

気が付くことが出来れば読む本を選ぶことができると思うのです。

きっと、衝動的に本を読むのではなく、計画的に本を読むことができるようになる気がしています。

あなたも、何かが無性に知りたくなるときって、不安に感じていることがあったりしませんか?

ちょっとだけ気にしてみると、何か発見があるかもしれませんよ。

記事のタイトルとURLをコピーする!

▼あわせて読みたい

ぞのセレクト

生活を支える厳選23アイテムをご紹介しています。
Apple製品を始めとしたガジェットから、ちょっと便利な文房具まで。