書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

無性に、本が読みたいとか情報収集がしたい時期は、不安を感じていることが多い

見上げたら木

無性に本が読みたくなる時期ってありませんか?

僕は、時々やってくるんです。

Amazonや書店で、大量に本を購入してしまうこと。オーディオブックで本をダウンロードしていること。インターネットサーフィンをひたすらやっていること。

そんな時って、実は不安を感じていることが多いのです。

もっと知りたいって気持ちになっているということは、今は知らないということ。

知らないということは、自分にとって怖いことなのです。

だから、無性に本が読みたくなったり、情報収集がしたくなる時期ってのは、不安を感じているんだなと認識しています。

もちろん、不安を感じることが悪いわけではなく、不安を感じていると認知することで、気持ちが落ち着いてくるのです。

衝動的に本を読むのではなく、計画的に本を読むことができるようになる気がしています。

あなたも、何かが無性に知りたくなる時って、不安に感じていることがあったりしませんか?

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で