書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

パケット通信の速度制限まで僅かなら、3G回線で乗り切れるかも。

スマホの指紋認証に失敗する猫

速度制限まであとわずかで、ヒヤヒヤした日々を過ごしていた”ぞの(@z02n05)”です。

こんなとき僕は、4G回線から3G回線へと切り替える作戦を取っています。

パケット通信量の減少スピードが、かなり遅くなるのでオススメです。

広告

速度制限になりそうなら3G回線へ

速度制限に引っかかりそうになった方、ようこそです。

パケット通信量をなるべく減らしたくないでしょうから、早速、速度制限に引っかかりにくい方法を紹介します。

それは、3G回線へ切り替えるという方法です。

設定方法は次の通りです。ドコモ回線のiPhoneを使っているので、人によってはやり方が違うかもしれません。

「設定」→「モバイルデータ通信」→「通信のオプション」→「4Gをオンにする」をオフへ変更

パケット通信の速度制限まで僅かなら 3G回線で乗り切れるようになるかも 1


パケット通信の速度制限まで僅かなら 3G回線で乗り切れるようになるかも 2


パケット通信の速度制限まで僅かなら 3G回線で乗り切れるようになるかも 3

これで、あとは祈るようにパケット通信量が回復する日を待つだけです。

4G回線に比べると3G回線の通信速度は遅くなりますが、僕的には、超ストレスってほど遅いとは感じません。

そして、3G回線は、使用するパケット通信量も少ないので、意外と速度制限まで生き延びることができちゃいます。

ここで証拠になる何かをお見せして説得力をあげたかったのですが、持ち合わせておらずで申し訳ないです。

しかし、速度制限が危ぶまれてから毎日通信量をチェックしていましたが、3G回線だと減少スピードが遅くなったことは事実です。

ネットサーフィンをしたり、メッセージをしたりするときに、ちょっとだけ遅く感じることがあるかもしれませんが、速度制限になると思ったら耐えられるのではないでしょうか?

もし速度制限にヒヤヒヤしているなら、3G回線をお試しくださいね。

PS.

ちなみに僕は気がつかずに20GBを使って、追加購入した1GBが速度制限にならないかヒヤヒヤしながら、3G回線を使っていました。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で