書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

【野球】攻撃のとき、打席に立っていない選手は、勝つ為に多忙なの!暇じゃないんです!

打席でスイングする少年

「攻撃のとき、打席に立っていない人って暇だよね」という発言に、全力で反論したい”ぞの(@z02n05)”です。

確かに目立たない部分なので、暇だと思う気持ちもわかりますが、実は多忙なのです。

それでは実際に、どんな仕事があるのかを紹介しましょう。

これを読んでいただいたら、きっと、暇なんて言えなくなると思います。

広告

チームが勝つ為にやることは山のようにある

実際に野球をやったことがない人は、「攻撃のとき、打席に立っていない人って暇だよね」と思ってしまうことでしょう。

確かに、自分の順番が回ってくるまで、やることがないように考えてしまう気持ちはわかります。

しかし、実際には、非常に多忙なのです。かなり慌ただしく、やることがあります。

ほんの一例にすぎませんが、思いつく限り紹介しましょう。

ピッチャーの癖を見つける

打席に立っていないとき、最も行うことはピッチャーの癖を見つけるということです。

よくある癖はこんなものがあります。

  • 変化球は、投げる時に肘が低い。
  • 変化球を投げる前に、グラブの中でボールの握りを確認する。
  • 牽制球を投げるタイミングが、いつも同じ。

実は、こういったことって、プロ野球を見ていても見つけることができます。

それくらい、癖を隠したり、直したりすることは難しいということです。

これらを見つけることで、よりチームに有利に働くことは想像できますよね。

守備の穴を探す

ピッチャーの癖と同じく、守備の穴を探すことも重要です。

例えば、レフトの選手は肩が弱いとか、サードの選手は動きが鈍いとかです。

そういった守備の穴を狙うことが、勝つためには必須になってきます。

打席に立ったイメージを膨らませる

打席に立っていない間は、いつ打席が回ってきてもいいように準備をしています。

スタメン選手でも控え選手でも同じです。

あたかも相手ピッチャーの対戦しているかのように、頭の中でイメージを作っておくのです。

僕の感覚では、イメージで強い打球を打っているいる自分の姿を作ることができたら、安打になる確率は格段に上がります。

ランナーに気をつけるべきことを伝える

ランナーが出塁している時は、いかにしてランナーを返還させるかが最重要となります。

そのため、ランナーは手厚く扱う必要があります。お節介なくらいに、注意事項を伝えるのがベンチにいる選手、ランナーコーチの役目でもあります。

  • アウトカウントの確認
  • 相手選手の守備位置の確認
  • フライだったら〜、ゴロだったら〜、の判断の確認

まだまだランナーには伝えることが山のようにありますよ。

打者に情報を伝える

打席に立っていない選手は、打席に立っている選手へ情報を伝えることも大事な仕事です。

打席に立っていると、集中してピッチャーしか見えなくなってしまうことがあります。

そうなってしまっては、バッターとしては楽しいのですが、チームとしては、ちょっと待ったと言いたくなります。

  • 監督からのサインを見ろよ
  • 相手の守備体系は、引っ張りを警戒してそうだぞ
  • スイングに力が入っているぞ

と言った具合に、情報を伝えることでヒットが打てる可能性も高まります。

大学野球、プロ野球以外は、ファウルボールを取りに行く

最後に重要な仕事をお伝えしましょう。

ファウルボールを取りに行くという仕事です。

実はこれ、かなり大変です。

大学野球やプロ野球ならボールボーイがいますが、アマチュアには強豪校でない限り、攻撃側のチームがファウルボールを取りに行くという暗黙のルールがあります。

なので、球場によっては草むらの中をかき分けて行ったり、川に足を踏み入れたりして、ボールを取りに行く仕事があったりします(笑)

さいごに

まだまだ伝えられていない仕事はありますが、打席に立っていない選手は暇そうという印象は、なくなったのではないでしょうか?

あなたの野球を見る目が、少し変わってくれると嬉しいです。

ぞの
平成生まれのサラリーマン×ブロガー。
書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。
詳しいプロフィールは、"こちらから"ご覧いただけます。
〜記事を探す〜
〜記事を探す〜