書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

家計簿を正確に記録し続けたら小金持ちになるんじゃね?と思えたのには訳がある

1ヶ月ほど前から、家計簿を正確に記録し始めた”ぞの(@z02n05)”です。

募金した数十円から、クレジットカードのポイントまで、お金の出入りを記録してみたのです。

その結果「続けたら小金持ちになるんじゃね?」と、経済的自由への道のりが輝き始めた気がしているのです。

なんでか?

その理由を今から説明しますので、お金持ちになりたい人は、ヒントにしてみてください。

広告

家計簿を正確に記録することで小金持ちになれる!?

1ヶ月ほど前から、家計簿を正確に記録する取り組みを始めています。

なぜなら、僕はお金持ちになりたいと思っているからです。「俺は、経済的自由を手に入れたのだ〜」と叫んでみたいからです。

そのために「お金を整える」を読んで、「これは!」と思えたお金持ちになる取り組みの一つである、家計簿を記録することを始めてみたのです。

衝動的にお金を使っていることが多い・・・

1ヶ月ほど家計簿を正確に記録した今、僕は「続けたら小金持ちになるんじゃね?」と、思っています。経済的自由への道のりが輝き始めた気がしているのです。

その最大の理由は、衝動的にお金を使っていることが多いことに気がついたからです。

薄々感じていたことですが、毎日お金の出入りを見ていると、本当に多くて「これはお金持ちになれないわ」と自分でも思います。

この衝撃の事実を直視することになって、僕のお金の使い方は少しずつ変化が起きています。

お金を使う前に、記録することが頭を過ぎります。おかげで、「本当にお金を使っていいのか」と自問自答するようになったのです。

結果、無駄遣いと思われる支出が、少しずつ減ってきました。

まだ、家計簿を見返すと、いらないんじゃないかと思う出費がちらほら。その度に、絶望感を感じます。

なので、完全に無駄遣いがなくなったということはできませんが、確実に減りました。

だから、小金持ちになれると思うのです。続けたら無駄遣いがほぼなくなって、お金が手元に残る気がしてなりません。

(他にも、お金を使うと記録しないといけないから面倒くさい。だから、お金を使わない。という理由もあります。)

お金持ちじゃなくて小金持ちな理由

ところで、お金持ちではなく小金持ちと言っていることが気になりませんか?

その理由は、家計簿を正確に記録するだけではお金持ちにはなれないからです。

やはり、収入面を強化しなければ、お金持ちということはできないでしょう。

支出面だけを整えたとしても、小金持ちにはなれるけど、お金持ちにはなれないという意味で、言葉を変えています。

さいごに

家計簿を正確に記録することで、「続けたら小金持ちになるんじゃね?」と、希望の光を感じることができ始めました。

お金持ちへの道のりは、小金持ちになることから。

ということで、僕はこのまま家計簿の記録を続けてみます。

お金持ちになるための、あなたの戦略のヒントになりましたか?

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で