書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

口が開きっぱなしを直すのに、「舌」を意識することが効果ありでした。

口に指を当てる女性

恥ずかしながら、常に口が空いている”ぞの(@z02n05)”です。

起きているときも寝ているときも、本当に口が開きっぱなしです。

口が空いていることのメリットは、バカっぽくて可愛く見えるくらいでしょうか?笑

それくらい、良くないことがたくさんあります。

僕はこの悪習慣を直すために「舌」を意識するようにしました。

完全ではありませんが、明らかな成果が現れ始めたので紹介しましょう。

広告

口が開きっぱなしのデメリット

恥ずかしながら、僕の口は常に空いています。

口を閉じることを意識していない間中、ずっと開きっぱなしです。

バカっぽくて可愛いですよね?笑

と、いう冗談が言ってられないくらい、口が開いていることはデメリットが多いのです。

ざっと、僕が知っているところでは、こんな具合です。

  • 口の中が乾燥しやすい。
  • 虫歯、歯周病になりやすい。
  • 口内炎になりやすい。
  • 肺炎になりやすい。
  • 顎の筋肉が衰えやすい。
  • いびきや歯ぎしりをしやすい。

僕の歯ぎしりの根本的な原因は、常に口が開きっぱなしなことから来ていそうですね。

このように、口が開きっぱなしの状態が続くと、病気のリスクが高まります。

長生きしたい僕としては、無視できない悪習慣です。

そのため、絶対に直すということを決意ました。

「舌」を意識する習慣

口が開きっぱなしという悪習慣を直すために、まず始めたのは「舌」を意識するということです。

舌を口内の上部にくっつけておくだけです。上の前歯の裏側あたりに、舌を置いておくというイメージ。

たったこれだけですが、今の所、効果は絶大です。舌を上にすることで、自然と口が閉じているようです。

「最近、口を閉じてるじゃん」と突っ込まれることが増えてきたことが証拠です。(逆に、どんなけ口が開いていたんだ、とも思いましたが・・・)

自分でも、口が閉じているなと気がつくことが増えてきました。

しかし、普通に意識するだけでは、すぐに忘れてしまうのがオチです。そこで僕は、2つの工夫をしています。

「舌」という付箋をデスクに貼る

1つ目は、家と職場のパソコンに「舌」と付箋を貼っています。

1日のうちのかなり多くの時間をパソコンを見ながら過ごすので、これをやることで「舌」を忘れることがありません。

ただし、非常に恥ずかしいです(笑)

リマインダーで通知

2つ目は、スマートフォンのリマインダーです。

ちょうど忘れそうな時間に、「舌」という通知が来るように設定しています。

はっきり言って鬱陶しいですが、効果は絶大です。これくらいやらないと、うっかり忘れてしまうのが人間です。

さいごに

口が開けっぱなしという危険な悪習慣を直すために、「舌」を意識することを習慣にしました。

やり始めたばかりの時は、口に違和感がありありでしたが、少しずつ慣れてきた感じがしています。

まだ完全には口を閉じることはできていませんが、効果は出ているので、これからも続けていきたいと思います。

口が開きっぱなしのあなたも、「舌」を意識することを試してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で