書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

瞑想は睡眠への影響大!考え事がストップして入眠しやすくなりました。

山奥で瞑想する男性

夜、眠る前に瞑想をしている”ぞの(@z02n05)”です。

時間は3〜7分程度ですが、睡眠への影響大!と感じています。

考え事がストップして、入眠しやすくなったのです。

おかげで、眠れないことがほとんどなくなりました。

広告

眠れない日がありました

時々、眠れない日がありました。

ベッドで横になって目を閉じてても、考え事が止まずに寝付けない。

そして、時計を見て焦る。

月に1回あるかないかですが、ちょっとした困り事でした。

瞑想で入眠しやすくなった

眠れない日をなくそうと思った訳ではありませんが、夜に瞑想をすることを習慣にしています。

時間にして3〜7分。呼吸に集中する方法で。

いつでもどこでも誰でもできるくらい、お手軽なやり方で行なっています。(ちなみに、ラベンダーのアロマオイルも炊いています。)

ポイントとしては、呼吸だけに集中するということです。

雑念が湧いてきてもいいので、優しく呼吸に意識を戻すことを繰り返します。

たった、これだけの瞑想ですが、入眠しやすくなりました。

ベッドの中で考え事が湧いてきても、優しく思考をストップさせることができるようになったのです。

たとえ夜中に目が覚めたとしても、思考をストップできるようになったので、すぐに眠り直すことができるようになりました。

瞑想を始めてから、入眠までの時間は短くなったはずです。

さいごに

頭をスッキリさせるために始めた瞑想で、入眠がしやすくなりました。

考え事が巡って眠れないことがなくなったのです。

僕のように我流の瞑想でも効果があったので、物は試しということで、あなたもやってみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

ぞの
平成生まれのサラリーマン×ブロガー。
書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。
詳しいプロフィールは、"こちらから"ご覧いただけます。
〜記事を探す〜
〜記事を探す〜