書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

【野球】守備が巧い人は、スピードが桁違い!動き出し&取ってからに注目!

飛び込んで打球を追いかける男性

守備が上手い人は、どんな人かについて考えた”ぞの(@z02n05)”です。

僕の場合は、何と言ってもスピードが桁違いだと、この人は巧い!と感じます。

特に、動き出し&取ってからのスピードに注目すると、守備の巧さがわかります。

それでは早速、どういうことか説明しましょう。

広告

守備が巧い人は、ここのスピードが桁違い!

あなたは「守備が巧い人って、どんな人?」と聞かれたら、なんと答えるでしょうか?

何が正解というわけではありませんが、僕は「動き出し&取ってからのスピードが速い人」と答えます。

動き出しのスピードが速いとは

動き出しのスピードが速いとは、ピッチャーがボールを手放してからの第1歩目が速いということです。

普通の人は、バッターがボールを打ってから動き始めるのですが、守備が巧い人は、バットにボールが当たる前に第1歩目を踏み出しています。

ピッチャーが投げたボールのコース、バッターの癖、バットの出方、アウトカウントなどのシュチュエーションなどから予測して、バットにボールが当たる前に動くのです。

はっきり言って「勘」ですが、守備が巧い人は、「勘」が異常に優れているのです。

経験の賜物かもしれませんが、この動き出しのスピードが速い人を見ると守備が巧いと感じます。

取ってからのスピードが速いとは

取ってからのスピードが速いとは、打球を捕球してから送球までの間のことです。

捕球してから送球までが一連の動作で、しかも、異常に速い人を見ると、守備が巧いと感じます。

普通の人は、捕球と送球が別々の動作になりがちです。また、グラブの中にあるボールを握り返したりして、送球するまでが遅いのです。

守備が巧い人と普通の人とのこの差は、歴然としています。

さいごに

僕が守備を見ていて巧いと感じる人は、動き出し&取ってからのスピードが速い人です。

一体どうやっているの?と思いながら、動作を見入ってしまいます。

あなたも野球を見るときは、守備のこのポイントに注目して見てはいかがでしょうか。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で