書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

日記が続かない 書き方が分からない そんな人への特徴的な3つの提案

日記を始めてみては、すぐにやめてしまう。

日記に何を書けばわからない。

日記を書いてもワクワクしない。

そんな人に、日記の書き方を知ることができる3冊を紹介しましょう。

読み終えた頃には、今すぐ日記を書きたい衝動にかられることでしょう。

広告

1年後の毎日が変わる! あなたの夢を叶える「100年日記」

100年日記とは、生きている間中、日記を書き続けようという意味です。

100年日記を書く目的は3つあります。

  • 目標を達成する
  • 夢を叶える
  • 「なりたい自分」になる

過去・現在・未来という人生を俯瞰しながら「今日」という日に集中するためのツールが100年日記なのです。

ポイントは、毎日、前日や去年に書いたことを見ながら書いていくこと。

書く内容は、書き続けることが負担にならない内容ならなんでもオッケーです。

僕は本書で紹介されているように、エクセルシートで日記を書いています。

1日5分 目的・目標を達成させる 4行日記

4行日記とは文字どおり、4行で日記を書くことです。書くことは、今日の出来事について、この項目を埋めるだけです。

  • 事実
  • 発見
  • 教訓
  • 宣言

例えば、次のような書き方があります。

  • イチゴのショートケースを食べた
  • 初めて入ったお店だったけど、なかなかイケるかも
  • 次はチーズケーキを選んでみたい
  • 来週、友達を誘って食べに行こう

力まないで書けば、1日5分もあれば書くことができます。

日記を書き続けている僕も、このフォーマットをベースに使っています。

奇跡”は自分で起こせる! 3日後「引き寄せ」日記

本書の面白いところは、3日後のことを過去形で今、書いてしまうことです。

「こんなことがあったらいいな」という未来を書くことで、その未来を引き寄せてしまう力を持った日記です。

一風変わった日記ですが、僕はこれを続けていて、確かに引き寄せられている実感があります。

何より自分が好きな未来を描けるので、とてもワクワクして書くことができるのです。

まとめ

紹介した3つの日記の書き方は、どれも特徴的です。

僕はすべての書き方を少しずつ取り入れることで、日記を書き続けられています。

今まで日記を書き続けられなかった人も、3つの書き方を取り入れることで、ワクワクしながら書けるようになるかもしれませんよ。

ぞの

平成生まれのサラリーマン×ブロガー。
書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。
詳しいプロフィールは、“こちらから”ご覧いただけます。

〜記事を探す〜
〜記事を探す〜