書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

未来の働き方や会社、仕事は存続しているのか不安を抱えるあなたに未来予想図を。

未来の働き方はどうなっているのか?

今の会社や仕事は存続しているのか?

どんなスキルが求められるようになるのか?

そんな不安の解決策になる、未来予想図のような本を紹介しましょう。

僕はこれらの本を読み、着々とワクワクする未来への準備を始めています。

広告

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

現代を生きる僕たちの身の回りを見渡すと、目では追い切れないほどの変化が起こっています。

本書ではこれらのことを「未来を形づくる5つの要因」として紹介しています。

  • テクノロジーの進化
  • グローバル化の進展
  • 人口構成の変化と長寿化
  • 社会の変化
  • エネルギー・環境問題の深刻化

きっとあなたも、これらの変化を感じる場面に身に覚えがあるはずです。そして、すべての要因に同意することができるでしょう。

「未来を形づくる5つの要因」 を食い止めようとしても、難しいことは容易に想像できます。

そのため、僕たちに求められるのは、変化に対応する力なのです。

「働き方をシフトする」という言い方で、3つの方法が詳しく取り上げられています。

どれも今からなら間に合うし、納得がいく主張です。

あなたも本書を読んで、実践してみてもらいたいと思っています。

99%の会社はいらない

堀江貴文さんのことを知っているなら、あの頭がキレる鋭い指摘を目の当たりにしたことがあるでしょう。

本書でも、堀江貴文さん節が炸裂し、当たり前に感じていたことに「ハッ」とさせられます。それと同時に、ワクワクしてくるような未来を想像することができます。

例えば、今行っている仕事の多くは、人工知能の発展や3Dプリンタの進化、スマホ活用などによってほとんどがなくなっていく。

それと引き換えに、今まで「遊び」とされていた分野が「仕事」へと変化していくとのこと。

しかも、その流れはもう始まっているというのだから驚きです。

未来から選ばれる働き方

神田昌典さんは、本書の中で「2024年には、「会社」がなくなる」と言われています。

その理由は、インターネットによる情報革命により、会社という組織の中で価値が生まれるのではなく、社外で価値が生まれるようになったためです。

全世界から、人材や資金、知識を集めて、短期間で価値を生み出すことができるようになるのです。

そんな未来があと10年以内にやってくるのです。

まとめ

働き方について不安な気持ちを持っていた僕は、未来について書かれた本を多く読んでいます。

その中でも衝撃だったのが、紹介した3冊。

すべての本に共通していることは、未来は確実に現在とは違うため、自らが変化する必要があるということです。

あなたも変化するための準備を始めてみてはいかがでしょうか?

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で