書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

【野球】盗塁や走塁の巧さは、足の速さより〇〇〇が大事

走る野球選手

盗塁や走塁の巧さは、足が速いことよりも大事なことがあると考えている”ぞの(@z02n05)”です。

塁にいると嫌な選手や絶対に塁に出したくない選手は、単純に足が速いだけではないからです。

この記事では、盗塁や走塁のときに、大事なことを紹介します。

広告

相手にとって、いやらしい選手になるべし

盗塁や走塁が巧い人は、決して足が速いだけではありません。

なので、足が速くなくても、盗塁や走塁が上手くなることは可能だと考えています。

現に僕は、非常に走るのが苦手ですが、相手にとっては嫌な選手だったと思います。

なぜなら、相手にとって、いやらしいことばかりしていたからです。

どういうことかと言いますと、塁上にいるときに、ピッチャーの集中力を削ぐようなことを行うのです。

  • リードを大きめにとる
  • 逆に、極端に小さくとる
  • 2次リードを大きくとる
  • 盗塁するそぶりをする
  • 声を出す

こんな選手がいたら、守備側からしたら、嫌で嫌で仕方ありません。

塁に出したくないですし、塁にいるときは警戒し続けなければいけません。

存在だけでプレッシャーをかけて、相手のミスを誘うことができます。

足が速い人は、足が速いというだけでプレッシャーをかけることができますが、守っているときに嫌なのは、いやらしい選手です。

何をやってくるか分からないのが、本当に嫌なのです。

逆に、いやらしさを相手に感じさせることができる選手は、盗塁や走塁が巧いと思います。

プロ野球選手でいうなら、中日ドラゴンズの荒木選手がいやらしい選手と思います。

足は速いのですが、それ以上に、いやらしさによって相手守備陣は、プレッシャーを感じているはずです。

あなたも盗塁や走塁が巧くなりたいなら、いやらしさを磨いてみてはいかがでしょうか?

足の速さに関係なく、身に付けることができる技術ですよ。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で