書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

「やる気クエスト(5) 岡野純さん」相手のやる気を引き出すには、信頼し、認めること

「やる気クエスト(5) 岡野純さん」

「やる気クエスト(5) 」を読んだ”ぞの(@z02n05)”です。

物語もいよいよ終盤になってきて、早く続きが読みたいという気持ちが高まっています。

次が最終巻となるそうですが、待ち遠しい反面、終わってほしくないという気持ちも・・・

そんな中、本書5巻からは、相手を信頼して認めることで、やる気を引き出すことができることを学びました。

それでは、早速紹介しましょう。

相手を信頼して、認める

自分のやる気を引き出すことはできても、他人のやる気を引き出すことって難しいですよね。

部下に「〇〇までに仕事を終わらせておけよ。終わったら飲みに連れていってあげるからな」と言ったところで、やる気は引き出されません。

僕はまだ部下の立場なので、上司のやる気を引き出すことに悪戦苦闘しています。

そんな悩みを解決する方法を、「やる気クエスト(5) 」から見つけることができました。

相手を信頼して、認めるということです。

言葉で聞くと、その通りだと反論がないところだと思いますが、現実世界に落とし込むと難しいですよね。

僕も、じゃあ実践してみろよと言われたら、どうやればいいかわかりません。

しかし、尊敬する上司から信頼されて、認められた結果、やる気が引き出された経験を思い出しました。ここにヒントがありそうな気がします。

その上司は僕の得意なことを知っていて、頑張ればできるくらいのちょうどいい仕事量を任せてくれたのです。

それも、仕事を丸投げされたのではなく、基本的には任せるんだけど責任はとってあげるからねというスタンスでいてくれました。

この時に、僕のやる気は急上昇。

この仕事もめちゃめちゃやりたいし、この上司のために頑張りたい!とやる気が満ちてきました。

上司がどんなやり方で僕のやる気を引き出してくれたのかは分かりませんが、相手を信頼して、認めるを実践されたのは間違いありません。

「やる気クエスト」を読み込んで、現実世界で使いこなせるようになりたいです。

さいごに

本書からは、「相手を信頼して、認める」という言葉で聞くと当たり前ですが、実践することが難しい、やる気の引き出し方を学ぶことができました。

物語も面白いながら、現実世界の生活が豊かになるメソッドまで取り入れられている「やる気クエスト」って、すごいなと改めて思いました。

次が最終巻となるそうですが、早く続きが読みたい反面、終わってほしくない気持ちも・・・

内容が気になったなら、Kindleで読むことができるので、あなたも手にとってみてはいかがでしょうか。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で