書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

親指シフトでもローマ字入力でも、タイピングしない日が続くと、遅くなりミスも増える

家では親指シフト、職場ではローマ字入力でタイピングをしている”ぞの(@z02n05)”です。

親指シフト歴は、かれこれ3年近く。

ローマ字入力よりも早くて、楽にタイプすることができます。

しかし、ここ数週間、キーボードを触る機会が極端に減っていました。

文章を書く気力が薄れていたのです。

そして、ようやく最近になって、キーボードを触り始めたのですが、以前と何か違います。

タイピングのミスが増えて、どこか指の動きが遅い。

あの「楽さ」が、どこかへ行ってしまったようです。

しかも、そう感じるのは、親指シフトだけではありません。

職場でのローマ字入力によるタイピングでも、同じように、ミスが増えて遅くなった気がしています。

んー、やっぱり使わないと、自然と衰えてゆくのですね。

これからまた、ちょっとずつリハビリします。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で