書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

文章が出てこない時だからこそ、感情を書く。未来の自分のため、書くことをやめない。

独立するも赤字で頭が痛いフリーランス

不思議なものです。

あれだけブログネタに困ったことがないと豪語していたのに、いまは文章が出てきません。

いや、考えれば出てくるかもしれませんが、あの頃のように、文章が頭の中で自動生成されない状態になっています。

さて、こんな時は何を書けばいいのでしょうか?

僕の答えは、感情です。

思ったことを、つらつらと書くのです。

文章が出てこないからと言って、書かないという選択肢はありません。

頭から文章が出てこないなら、心の文章を書くチャンスです。

文章が出てこない苦悩を、思うがままに書けばいいのです。

そんな文章、誰が読むかって?

未来の自分だよ。

同じように困った時に、振り返るために書くんです。

書いていなければ、なぜ困ったのかも、どうやって抜け出せたのかも思い出すことはできないでしょう。

だから、汚い文章でも、人に見せるような内容じゃなくても、とにかく書くのです。

いま、なぜ書いているのか?

書くことが苦しいんです。

キーボードへ向かうのに、体力がいります。

ブログのネタ帳も、在庫のネタは増えもしないし減りもしない。

それくらいに、ブログ好きだったはずの僕は、書くことに苦しんでいます。

だけど、ここで書くのをやめてしまってはダメだと直感で感じています。

「大きくジャンプするためには、沈んで反動を利用しなければいけない。」

どこかから、この言葉が聞こえているような気がしています。

だから、沈みながらも、書き方を忘れないように、こうして書いています。

文章の構成が、ぐちゃぐちゃだって知っています。

思ったままに書いているから当然です。

読みにくくて申し訳ないですが、僕は書くことをやめません。

苦しんで乗り越えた姿を、未来の自分に見せてあげたいのです。

だから、書きます。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で