ガジェットやライフハックなど、実体験を基にした記事が得意なブログメディア

ピッチャーに「ストライクを投げろ」「フォアボールを出すな」と言わない方がいい理由

少年ピッチャー

あなたは野球を見ている時に、「ストライクを投げろ」「フォアボールを出すな」と言ってしまったことはありますか?

言いたくなる気持ちはわかりますが、何度も口に出しているようなら、今すぐにちょっとだけ考えてみてください。

「ストライクを投げろ」「フォアボールを出すな」と言われたピッチャーは、ストライクが取れるようになると思いますか?

僕の答えは、完全に「ノー」です。

むしろ、もっとストライクが投げられなくなると思います。

檄を浴びたことによって、力を発揮できるタイプのピッチャーなら問題ありません。

しかし、通常、ストライクを投げたくないピッチャーなんて存在しません。

ストライクが入らなくなった時に、一番プレッシャーを抱えているのはピッチャー自身です。

自分のせいで、守備のリズムが悪くなる。チームの雰囲気が悪くなる。ランナーをためてしまう。点が取られてしまう。

こうして、自分を追い込んでしまいがちです。

そんな時に、「ストライクを投げろ」「フォアボールを出すな」と言われたらどうでしょうか?

本当に必要な言葉は、どんな言葉だと思いますか?

ぞの
平成生まれのサラリーマンブロガー×コトモノコンサル
ガジェットやライフハックなど、実体験を基にした記事が得意です。
詳しいプロフィールは、“こちらから”ご覧いただけます。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で
一覧から記事を探す
一覧から記事を探す