書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

朝日で目覚めるって、超気持ちいい。Sleep Cycleのアラームよりスッと起きられる。

朝日で目覚めた

朝日を感じて目覚めた”ぞの(@z02n05)”です。

おかげで今朝、起きた瞬間に「超気持ちいい」と、北島康介選手が言った言葉をつぶやいてしまいました。

もしかしたら普段使っているアプリ「Sleep Cycle」よりも、朝日で起きた方が目覚めがいいのかもしれません。

広告

朝日で目覚めるって、超気持ちいい。

僕は普段、「Sleep Cycle」というiPhoneアプリのアラームで目覚めています。

設定は、例えば、7時30分までに起きる必要がある場合、7時〜7時30分までの中で最も眠りが浅い時間でアラームが鳴るようにしています。

そうすることで、スッと目覚めることができるというわけです。

しかし最近は、アプリに慣れてきたせいか、あまり目覚めの気持ち良さを感じることがなくなってきました。

アラームを止めて、二度寝をすることもしばしば・・・

わかっています。よろしくない状況です。

朝日で目覚めた

しかし、今日の目覚め方は、いつもと違いました。

起きた瞬間に、北島康介選手みたいに「超気持ちいい」とつぶやいてしまったくらいです。

一体どうしたのかというと、窓から朝日が差し込んできて、朝になったことを感じて目覚めたのです。

アラームをセットしていましたが、それよりも前に、目覚めることができたのです。

しかも、超気持ちよくスッと立ち上がることができました。

スマホという人工物を使うのではなく、朝日という自然現象によって目覚めることができたので、気持ちよく感じたのでしょう。

朝から「人間らしさ」を感じることができました。

やはり僕らの体は、明るくなったら起きて、暗くなったら眠るというように作られているのだなと実感しました。

これからもなるべくなら朝日に気がついて目覚めてみたいと思います。

そのためには、早い時間に眠らなければですけど。

それでは、おやすみなさい。

ぞの
平成生まれのサラリーマン×ブロガー。
書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。
詳しいプロフィールは、"こちらから"ご覧いただけます。
〜記事を探す〜
〜記事を探す〜