ガジェットやライフハックなど、実体験を基にした記事が得意なブログメディア

プペル展で、スマホ壁紙写真を撮影した時の、ちょっといい話

えんとつ町のプペル

「えんとつ町のプベル展」へ行ってきた”ぞの(@z02n05)”です。

実は、今回で二回目です。

最初の一回目は、ちょっと足を伸ばして。そして二回目の今回は、近所で。

最初の一回目は、絵本を読まずに。そして二回目の今回は、絵本を読んで。

広告

ちょっといい話

絵本のストーリーを知らずに観るプペル展は、一枚一枚の作品をアートとして楽しみ、感動して来ました。

そして、ストーリーを知ってから観る今回は、プペルとルビッチに感情移入して、感動して来ました。

子どもが会場内を騒いで走り回っている中、20代男性が1人でウルウルしてました。

そして、お気に入りのシーンが目の前に来たとき、、、

写真撮影タイムの始まりです。

涙をこらえながら、最高のアングルを考えて、必死に撮影しました。

目的は、スマホの壁紙写真にするためです。

いや、ふざけているのではありませんよ。僕は、真剣です。

そして、個人的に最高の壁紙写真を撮影することに成功しました。

▼こちらです。

プペル展で 個人的最高のスマホ壁紙写真の撮影できたって話1

このシーンの、僕の胸を貫いたセリフはこれです。

「信じぬくんだ。たとえひとりになっても」

父ちゃんに教えてもらった、煙の上にある「ホシ」を信じてのルビッチの言葉です。

絵本でも表紙の帯を飾るほどの、名ゼリフ。

僕は、大好きなんです。

信じぬくんだ たとえひとりになっても

なぜなら、時々、誰を信じたらいいかわからなくなるからです。

何を信じたらいいかわからなくて、苦しく、辛く、寂しい気分になります。

まさに、”ひとり”だと思ってしまうのです。

そんなときに「信じぬくんだ。たとえひとりになっても」と聞くと、

「自分だけは、自分のことを信じてあげよう。たとえ、自分ひとりだったとしても、自分は自分の味方でいよう。」

と、内側から自信が湧いてくるのです。

だから、この一枚のために真剣になりました。

アングルは、空を見ているようで、時計を見ていますよね。

イメージとしては、今の時間をしっかりと見つめて、今の自分を生きるという、メッセージのつもりです。

個人的に、最高の壁紙写真です。

スマホを見るたびに、心がホッとします。

にしのさん始めとしたプペルに関わった全ての人に、感謝です。

自信が湧いてくる作品を観せていただき、ありがとうございます。

こんな企画をやってます

ぞの
平成生まれのサラリーマンブロガー×コトモノコンサル
ガジェットやライフハックなど、実体験を基にした記事が得意です。
詳しいプロフィールは、“こちらから”ご覧いただけます。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で
一覧から記事を探す
一覧から記事を探す