書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

飲めない人でも、飲みニケーションは大事だよ

お酒を飲む老人たち

お酒が全く飲めない”ぞの(@z02n05)”です。

一口飲んだら頭グラグラしてきて、二口飲んだら顔色を心配されるようになります。三口飲んだ日には、トイレへGoです。

そんな僕でも、”飲みニケーション”を大事にしています。

めんどくさいけど、これをやるのとやらないのとでは、人間関係に大きな違いがあるのです。

今日は、その理由について、よく思うことを紹介します。

広告

飲みニケーションが大事な理由

正直言って、僕は、飲み会もお酒も、かなり嫌いな方です。

みんな好んでお酒を飲むのか理解に苦しみます。

だけど、”飲みニケーション”は、大事だと思っています。

矛盾しているようですが、僕が言う”飲みニケーション”とは、ソフトドリンクでも問題ありません。仕事終わりに、一緒にご飯を食べること、飲み物を飲むことが大事なのです。

事実、僕が主催する”飲みニケーション”は、お酒を飲む人の方が少ないのが当たり前です。(禁止しているわけではありませんがw)

お酒が飲めないならジンジャーエール!烏龍茶より周囲からの視線が軽減されました

話を戻しますが、なぜ”飲みニケーション”が大事なのかと言いますと、次の日には腹を割って話せる関係になるからです。

“飲みニケーション”じゃなくてもいいのでは?と疑問を持った人は、少し前までの僕と同じです。

だけど、”飲みニケーション”じゃなければいけないんです。

なんか知らないけど、次の日からの仕事が異常にやりやすくなるんです。

乾杯をして150分間を凌ぐだけで、仕事の進み方が変わります。

日本人ならではかと思いますが、本当にそうなるんです。少なくとも僕の職場では。

だから、”飲みニケーション”が大事なんです。

150分間を投資するだけで、これからの仕事時間が変わるのですから。

説得力がないかもですが、”飲みニケーション”は大事です。

飲み会に関するエントリー

ぞの
平成生まれのサラリーマン×ブロガー。
書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。
詳しいプロフィールは、"こちらから"ご覧いただけます。
〜記事を探す〜
〜記事を探す〜