書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

東京・池袋の泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」への宿泊レビュー!

東京・池袋の泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」への宿泊レビュー!

東京・池袋の泊まれる本屋がコンセプトの「BOOK AND BED TOKYO」へ宿泊してきた”ぞの(@z02n05)”です。

僕のような本好き&変わったもの好きには、たまらない空間でした。

ここに住みつきたいと思えるくらいの居心地の良さだったので、また東京へ来た時は使いたい場所です。

それでは、宿泊した感想をシェアしますので、続きをご覧ください。

広告

泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」とは

泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」とは、東京・池袋にあるちょっと変わった宿泊施設です。

お店の紹介ページには、こう書いてあります。

ふかふかなマットレスも無ければ、
低反発の枕も無ければ、
軽く暖かな羽毛の布団も無い。
最高な環境での良い寝心地は、
ここにはありません。
あるのは、
読書をしてたら(マンガでも良いですよ)
いつの間にか夜中2時になってて、
もうあとちょっとだけって
まぶたが重くてたまんない中も読み続けてたら、
いつの間にか寝てしまった。
そんな、誰もが一度は経験した事があるであろう
最高に幸せな「寝る瞬間」の体験です。

これを読んだだけで、よだれが出てしまいます。幸せな時間を過ごせること、間違いなしですね。

風の噂でこの施設を知ってからというもの、利用するタイミングをずっと伺っていて、ようやくその時が来ました。

泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」へ宿泊するためには、普通のホテルと同様に予約が必要です。

僕は金曜日に宿泊するつもりで、宿泊日の2週間前に予約しましたが、すでに6割くらいの部屋が埋まっていました。

使ってみたい宿泊スペースがあるなら、早めに予約が必要です。

池袋駅C8出口から2分で行ける8階受付へ

宿泊日になったら、袋駅C8出口から2分で行ける8階受付へ向かいます。

▼方向音痴の僕でも迷うことなく行けたので、出口を間違わなければ心配はないかと思います。

池袋の泊まれる本屋 BOOK AND BED TOKYO への宿泊レビュー 12

▼7階ではないので注意してくださいね。

池袋の泊まれる本屋 BOOK AND BED TOKYO への宿泊レビュー 10

受付に来たら、おしゃれな空間で、説明を受けます。普通のホテルより注意事項は多めですが、難しいことはありません。

24時〜7時までは、みんなが寝ているのでドライヤーは禁止。枕カバーとシーツは自分で返却。外出するときはカードキーを持っていくこと。出入りは24時間自由。という具合です。

このタイミングで、無料の耳栓をもらえるので、是非もらっておきましょう。

▼僕は、マイ耳栓を常備しているのでいいのですが、眠る時に周囲の音が結構気になります。

池袋の泊まれる本屋 BOOK AND BED TOKYO への宿泊レビュー 13

▼受付が完了してカードキーを受け取ったら、宿泊する7階へ移動です。

池袋の泊まれる本屋 BOOK AND BED TOKYO への宿泊レビュー 20

共有スペースにウットリ

カードキーで扉を開けると、そこには「ウァー!」と心が踊るような空間が待ち受けていました。

渋谷にある「森の図書室」を思い出します。

渋谷道玄坂にある隠れ家的スポット「森の図書室」で本との運命的な出会いが期待できる

池袋の泊まれる本屋 BOOK AND BED TOKYO への宿泊レビュー 8

池袋の泊まれる本屋 BOOK AND BED TOKYO への宿泊レビュー 5

池袋の泊まれる本屋 BOOK AND BED TOKYO への宿泊レビュー 6

▼13時から17時までは1時間500円・フリータイムで1,500円で利用できるので、コーヒーブレイクなどで立ち寄ってみたいと思います。

池袋の泊まれる本屋 BOOK AND BED TOKYO への宿泊レビュー 3

▼トイレもちょっとオシャレで、いい感じでした。細部のこだわりを見つけてしまうと萌えてしまいます。

池袋の泊まれる本屋 BOOK AND BED TOKYO への宿泊レビュー 14

池袋の泊まれる本屋 BOOK AND BED TOKYO への宿泊レビュー 18

宿泊スペースは、狭いけど十分

宿泊スペースは、80×200cmの少し小さめのお部屋を選びました。

シングルベッドと同じサイズなので、十分だろうと思っていたのですが、感覚ではやや狭かったです。

▼壁があるので、圧迫感もありますしね。ただ、寝るだけなので、これでも十分です。

池袋の泊まれる本屋 BOOK AND BED TOKYO への宿泊レビュー 7

▼頭の上には、小物を置くスペースがあります。

池袋の泊まれる本屋 BOOK AND BED TOKYO への宿泊レビュー 9

▼コンセントもありました。これに、ちょっと変わったアイテムを挿して、スマホとMacBookを充電して使っていました。

未来に期待!コンセント付きモバイルバッテリー「PowerCore Fusion 5000(Anker)」レビュー!

池袋の泊まれる本屋 BOOK AND BED TOKYO への宿泊レビュー 11

▼Wi-Fiだって完備しています。パスワードにクスッとしてしまいました。これは行ってみてからのお楽しみにしてください。

池袋の泊まれる本屋「BOOK_AND_BED_TOKYO」への宿泊レビュー!16

▼もちろんシャワー室もあります。シャンプーやタオルなどのアメニティはないので、持参するかレンタルする必要があります。

池袋の泊まれる本屋 BOOK AND BED TOKYO への宿泊レビュー 19

▼洗面スペースも、しっかりあることが嬉しいポイントです。

池袋の泊まれる本屋 BOOK AND BED TOKYO への宿泊レビュー 21

雰囲気は最高だけど、夜は眠りにくい

紹介したように「BOOK AND BED TOKYO」の雰囲気は、とにかく最高でした。

しかし、残念な点が一つ。

仕方がないことですが、夜が眠りにくいということです。と言いますのも、周囲の音がうるさいんです。

24時間出入り可能なので、夜に帰ってくる人もちらほら。いびきをかいている人もちらほら。スマホの音が鳴り響くことも。。。

寝るためのスペースは壁一枚で仕切られているだけなので、それらの音が振動になって伝わってくるんです。

これらが気になって、夜中に3回ほど起きてしまいました。気にならない人は大丈夫かと思いますが、音に敏感な人は、覚悟して宿泊したほうがいいかもしれません。

けど、やっぱり最高の空間

池袋の泊まれる本屋 BOOK AND BED TOKYO への宿泊レビュー 2

なかなか熟睡することはできませんでしたが、それでもやはり最高の空間でした。

本好きとしては、本に囲まれて眠れるほど幸せなことはありませんよね。

次に利用するときは、本棚の中のスペースで宿泊しようと企んでいます。

もし気になったなら、施設のホームページをチェックしてみてくださいね。

ぞの
平成生まれのサラリーマン×ブロガー。
書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。
詳しいプロフィールは、"こちらから"ご覧いただけます。
〜記事を探す〜
〜記事を探す〜