書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

自分にできないことがあると、人にバカにされる〜自己探求で見つけた心の声(20171128)〜

自分にできないことがあると、人にバカにされる〜自己探求で見つけた心の声(20171128)〜

たくさんの人にご支援していただいて行くことができた、ビリーフリセット初級講座

まだまだビリーフについて分からないことだらけではありますが、今の僕にだってできることはあります。いや、やらなければいけないことがあります。

それが自己探求です。

あれもこれもと行動を起こすのは得意なのですが、一向に前に進めていないことを自覚しています。

この原因が、講座で学んでいるビリーフによるものだと確信しているところです。

そのために僕は、ビリーフリセットを学び、自分で自分の人生を切り開くための、自己探求を行うのです。

ビリーフリセット初級講座では、自己探求を行うためのワークシートが配布されました。

当面は、このワークシートをもとに、自己探求を進めていきます。

それでは、今日行った自己探求について、書いていきます。

広告

孤独になることが嫌すぎて

自分の中に、行動を制限する、こんな否定的な考えが眠っていることに気がつきました。

「自分にできないことがあると、人にバカにされる」

気がついた理由は、僕が苦手なことを普通にやっている人を見ると、心がザワザワするからです。

それが楽しそうにやっていると、否定的な言葉を投げ、攻撃的になってしまいます。

これが原因で、過去にトラブルを起こしたことも思い出しました。

「できない」ってことがすごく嫌なんです。

なんで?と聞かれたら、「バカにされるもん」と子供のように反応してしまいます。

実際にバカにされたことだって、記憶の片隅に残っています。

「そんなこともできないの?ダッセェ。」という言葉が、脳裏に焼き付いています。

すごく、すごく嫌な気持ちになります。そして、相手を攻撃したくなります。

しかし、ここでグッとこらえて「なぜ嫌な気持ちになるのか?」を考えてみました。

東京駅

たぶん、できないことがあると、誰も構ってくれないと信じているからです。

「そんなこともできない人間なんて、価値がない」と言わんばかりに、存在を否定されている気がするのです。

だけど、本当にそうなのでしょうか?

そんなわけありませんよね。逆に、全てが完璧にこなすことができる人間なんて、いるわけがありません。

じゃあ、自分にだって、できないことがあってもいいはずです。

できないことがあったって、存在価値はなくならないし、孤独にだってならない。

だって、ビリーフリセット講座へ行くのだって、たくさんの人に支えられていたのですから。僕には、たくさん支援してくれる仲間がいるんです。

こう思ったら、涙3滴分くらい、体が軽くなりました。

ぞの
平成生まれのサラリーマン×ブロガー。
書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。
詳しいプロフィールは、“こちらから”ご覧いただけます。
〜記事を探す〜
〜記事を探す〜