明日から1時間だけ早く起きるための3つのコツ

ご来光

一人暮らしを始めてから5時に起きるようにしている”ぞの(@z02n05)”です。

なんで5時起きなのかというと、「ゴジラーなんです」と言いたいというのが一番の理由。(5時ラーとは、朝5時に起きて朝活を始める人のこと)

実家にいる時でも可能だったのですが、ご飯を食べたりする音が迷惑かなと思ってできませんでした。それで、一人暮らしをキッカケに、憧れのゴジラーを目指すことにしたのです。

ちなみに、実家にいる時でも”6時起き”と、朝には強い方でした。しかし、1時間起きるのを早めるのはコツがいると感じています。

では早速、このコツについてお伝えしますね!

早く起きる3つのコツ

夜に早く眠る

「当たり前だろ」とツッコミが入るのは目に見えていますが、朝早く起きるためには、夜に早く眠る必要があります。

しかし、これがまた難しいんですよね。

早く起きて朝活をしたいんだけど、早く眠るのは勿体ない気がして・・・

そしてまた、僕の場合は一人暮らしを始めたばかりなので、バタバタして眠るのが遅くなってしまいがちです。

そのため、眠る時間が0時を回ってしまうと、ぐんと5時おきに失敗する確率が高まってしまいます。今まで通りの6時か、気をぬくと6時30分とかに起きてしまいます。

逆に23時より早く眠ることができると、ゴジラーに成功します。

夜に早く眠るってことは、早起きするのには、とっても重要なのです。

起きる時間の室温を快適にする

二つ目は、エアコンのタイマーをセットしておくことです。

冬の場合を例に説明します。

例えば、5時起きを目指すときは、4時30分ごろに暖房が入るようにしています。

そうすることで、寒くて布団から出て来たくない気持ちを減らすのです。

一刻も早く布団から出ないと、朝活ができる時間が減るだけですし、最悪の場合、二度寝というリスクがあります。

そのリスクを軽減するために、エアコンをタイマーでセットしておくのです。

ちなみに、僕のような上級者になってくると、加湿器もタイマーでセットしておいて、起きた瞬間の乾いた空気という不快感も軽減しています。

5時からやることを決めておく

三つ目は、朝に何をやるのかを決めておくことです。

「〜やりたい」「〜しなきゃいけない」と思いながら眠ると、なぜか知らないのですが、ちゃんと起きることができます。

緊張しているからなのか、パッと目が醒めることができるんです。

僕の場合は、「お昼に食べる弁当をつくろっ」と、ワクワクした気持ちで眠るので、起きた瞬間から弁当を作るという気分になっています。

弁当を作ることに慣れて来たら、「ブログ記事を書こう」とか「本を一冊読もう」とかに挑戦したいと思います。

また、ちょっと前に紹介した、”朝から気分が良くなる習慣“もやりたいという気持ちもあって、スッと起きられるのかと思います。

まとめ

まだ失敗することもありますが、僕がゴジラーになった方法は、この三つです。

  • 夜に早く眠る
  • 起きる時間の室温を快適にする
  • 5時からやることを決めておく

「当たり前のことやん」とツッコミが入るのは目に見えていますが、実際にやってみると効果覿面でした。

明日から1時間早く起きれるようになりたい人は、参考にしてみてください。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

記事のタイトルとURLをコピーする!




▼あわせて読みたい

ぞのセレクト

生活を支える厳選23アイテムをご紹介しています。
Apple製品を始めとしたガジェットから、ちょっと便利な文房具まで。