書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

活躍すると、悪口を言われる〜自己探求で見つけた心の声(20171205)〜

ビリーフ・リセット初級講座

ビリーフ・リセット初級講座を受講して以来、すっかり自己探求が上手くなった気がいます。

今も、心のざわつきを感じて、心の声を聞いて、ひとしきり涙を流し終えたところです。

きっかけは、このツイートからでした。

広告

どこかストッパーをかけてしまう理由は

社会人になった頃から、ありとあらゆるイベントへ出向き、多種多様な人脈を築いてきました。

そんなことをしているものですから、「〜をやってみないか?」というようなお声がけも、何度もされたことがあります。

この間の、新聞の取材依頼もその一つです。

ブログ経由で日本経済新聞社から取材依頼が来たよ!〜経緯と記事掲載後の反響〜

しかし、自分の中で、「これ以上、活躍してはいけない」「有名になってはいけない」というストッパーが働いていることを見つけました。

チャンスをいただけると、本来の力の5割くらいしか投入することができていない気がするんです。どこか、手を抜いて、依頼に応えようとしていたのです。

この原因こそが、ビリーフなのです。

だから僕は、そろそろ眠る時間にも関わらず、行動を制限している否定的な考えを探し出し、心の声と会話しました。心のざわつきを見逃すことなく、ちゃんと向き合い始めたのです。

見つけたのは、「活躍すると、悪口を言われる」という恐怖心でした。

  • “ぞの”のクセに生意気だ。
  • 昔は、ダメダメ人間だったのに、調子に乗りやがって。
  • 本当は、セコイやつなのに。

とか、過去に言われた悪口たちが、走馬灯のように蘇ってきます。

けど、悪口を言われることは、僕が活躍することと、関係あるのでしょうか。

むしろ、悪口を言ってきた人でさえも、救うことができる存在こそが、僕なのではないでしょうか。

僕が何をしていても、何を言われたとしても、存在価値は1ミリも減らないはずです。

さいごに

ここまで落とし込めたら、もう大丈夫です。活躍することに恐怖心を抱く必要はありません。

“腑に落ちる”ところまではいっていませんが、ストッパーを一つ剥がすことに成功しました。

手に持っていたタオルがビタビタになるまで、涙を流した甲斐があったというやつです。

実は、夜な夜な一人暮らしをしている男が、声を上げて泣いてたんです。

変なやつでしょう。

けど、それでいいんです。

そんな僕には、支えてくれる人がいるのですから。僕のことを、を待っていてくれる人がいるのですから。

ありがとうございます。

【polca、終了、おかえし】感謝!51回の通知で、僕の世界は、、、

ぞの
平成生まれのサラリーマン×ブロガー。
書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。
詳しいプロフィールは、“こちらから”ご覧いただけます。
〜記事を探す〜
〜記事を探す〜