ガジェットやライフハックなど、実体験を基にした記事が得意なブログメディア

金融投資を5年続けて、成功している方法と失敗してきた方法

仮想通貨(ビットコイン)で資産運用

サラリーマンになってから金融投資を続けている”ぞの(@z02n05)”です。

給料の範囲で購入できる金融商品には、大抵のものに手を出したと思います。

好奇心が旺盛なので、気になったらやらずにはいられないんですよね。

そんなことをかれこれ5年もやっているものですから、自分の中の成功パターンと失敗パターンが見えています。

一言で言うなれば、自分の意思で購入しているものは失敗しやすいのです。

それではもう少し詳しく説明しましょう。

広告

金融投資歴をチェットだけ

僕はサラリーマンをやっていまして、給料の範囲内で投資をしています。

借金をしてまで、ローンを組んでまで、何かに投資したことはありません。

今まで投資したことがあるものは、ざっと次の通り。

  • 日本株式(ETF含む)
  • 外国株式(ETF含む)
  • 投資信託
  • REIT
  • FX
  • 仮想通貨

ぶっちゃけて言いますと、どれをとってもマイナスにはなっていません。かと言って、大きなプラスにもなっていません。

なので、ある意味では、どの金融投資も成功を収めていると言えるかも知れません。

しかし自分的には、長く投資が続いている方法こそが、成功している方法だと思っています。

一発屋では、成功とは言えないと考えています。

それを踏まえて、投資歴5年の僕が成功したと思えるパターンを紹介します。

成功パターン

自分の中での成功の定義は、長く続いている投資のことを言います。

では過去を振り返ってみて、どんな金融投資が成功しているのかと言いますと、”自分の意思が介入していない投資”です。

いわゆる、ドルコスト平均法による自動積立投資です。

毎月同じ日に同じ金額で同じ金融商品を購入していく方法です。

給料天引きの貯金みたいなものです。ここに、僕の意思は、全く反映されていません。

気がついたら勝手に購入されているのです。

これが、僕の成功パターン。

5年近く投資し続けているとある商品は、投資額の倍の利益に到達しようとしています。

他にも、同じように購入し続けている商品だって、全てがプラスになっています。

たまたまアベノミクスと、投資を始めた時期が被ったと言うこともありますが、ドルコスト平均法による自動積立投資だと、こんな感じです。

失敗パターン

失敗パターンというのは、成功パターンのまったく逆のことをやってしまった時です。

「今が買いだ!」と、ノリと勢いで購入すると、長く続く投資にはなりません。

デイトレなんかがいい例です。僕にはまったく向きません。

ちょろっと楽しんで、すぐに飽きてしまいます。それゆえに、利益も少ないです。

ただ、こんな失敗パターンだって、絶対にやらないようにと誓っているわけではありません。

金融投資を楽しむための要素として、残しておきたいのです。

なぜかと言うと、話題になっている仮想通貨だって、ちょっとは体験してみたいじゃないですか。

ブームに乗ってみたいと思うのは、人間の性だと思うのです。

だから、失敗するパターンを残しておきたいのです。

ただこの時に、守っている絶対的なルールがあります。

全額無くなってもいいくらいの金額で投資を楽しむことです。

借金をしてとか、生活費を切り詰めてとか、そう言うのはNGというルールです。

まとめ

僕の場合、長く続けられる投資というのは、ドルコスト平均法による自動積立投資です。

これは間違いありません。投資を始めるときに、一度だけ設定するだけで、あとは放置するだけの投資が向いています。

逆に失敗するパターンは、ノリと勢いで投資する時です。やはり、意思を介入させるとダメですね。

ただ、失敗は成功のもとという諺もありますし、嗜む程度には有りと思って投資で遊んでいますけどね。

ちなみに最近は、coincheckを使って、仮想通貨への投資を楽しんでいます。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

金融投資に関連するエントリー

ぞの
平成生まれのサラリーマンブロガー×コトモノコンサル
ガジェットやライフハックなど、実体験を基にした記事が得意です。
詳しいプロフィールは、“こちらから”ご覧いただけます。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で
一覧から記事を探す
一覧から記事を探す