電子ケトル(ティファール、1L)は、一人暮らしする前の想像以上に使っているアイテム

電子ケトル(ティファール、1L)は、一人暮らしする前の想像以上に使っているアイテム

ティファールの電子ケトルを毎日使っている”ぞの(@z02n05)”です。

朝のコーヒーから晩ご飯まで、お湯が必要な場面では必ず登場しています。

一人暮らしを始める前は、ここまで使うとは思っていなかったアイテムなので、購入して正解でした。

強いて言うなら、1Lではなく0.8Lタイプにしておけばよかったかもしれない、という反省だけです。

その他の点は、非常に満足しております。

電子ケトルの使いどき

電子ケトルの使いどきは、毎朝飲んでいるコーヒーが主です。

朝目覚めて、SNSをチェックした後に、電子ケトルのスイッチを入れます。

電子ケトル1L ティファール は 一人暮らしする前の想像以上に使っているアイテム2

お湯が沸くまでの時間は、140mlの場合で58秒。1Lの場合だと約5分30秒。

数字で見ると、意外と時間がかかるようですが、僕の感覚では、あっという間です。

スイッチを押してから、コーヒーの準備をしたり、前日の洗い物を片付けたりしていると、もうボコボコ沸騰している音が聞こえてきます。

0.8Lタイプでよかったかもしれない理由

ただし、一つだけ失敗したかもしれない点があります。

0.8Lの電子ケトルでもよかったかもしれないことです。

なぜかというと、一人暮らしをしていて、一度に1Lものお湯を使うことが少ないからです。

電子ケトル1L ティファール は 一人暮らしする前の想像以上に使っているアイテム3

コーヒーを一杯飲むのには、250ml。料理に使うときも、よく使って500ml程度です。

しかし、1Lまで水を入れることができちゃうものですから、つい満水まで入れてしまいます。

それを毎回沸かすので、電気代とわずかな時間が無駄になっているように思うのです。

たった0.2Lの違いですが、もうワンサイズ小さいものでもよかったかもしれません。

最後に一言

ただ、電子ケトルは、想定以上の使用頻度です。

一人暮らしを始める前までは、使うかどうかわからなかったので、購入をためらっていました。

それが今では、ほぼ毎日、朝のコーヒーから晩ご飯まで使うようになったのです。

温かい飲み物や料理を作る人は、あっても損はないアイテムかと思いますよ。

記事のタイトルとURLをコピーする!




▼あわせて読みたい

ぞのセレクト

生活を支える厳選23アイテムをご紹介しています。
Apple製品を始めとしたガジェットから、ちょっと便利な文房具まで。