ガジェットやライフハックなど、実体験を基にした記事が得意なブログメディア

親指シフターは特に、指先の手入れが大事と痛感した日〜ひび割れで、タイピングが辛い〜

親指シフターは特に、指先の手入れが大事と痛感した日〜ひび割れで、文章を書くのが痛い〜2

親指シフトを使ってタイピングをしているのに、文章を打つのが辛い”ぞの(@z02n05)”です。

なんでかと言うと、**指先がひび割れを起こしてしまったので、右手の中指を使うたびに痛みが走ります。

ローマ字入力の人なら、そこまで気にならないかもしれませんが、親指シフトの場合、指を立ててタイピングするのですよね。

なので、指先のひび割れに、モロにダメージが伝わってくるのです。

この経験によって、ものくろ師匠がよく言っている「親指シフターは特に、指先の手入れが大事だ」と言うことを痛感することになりました。

僕のお肌は心と同じで、すごくデリケートです。

なので、乾燥しやすい冬場はお手入れを気をつけないと教訓にします。

ただ、ひび割れてしまったものは仕方ないので、いまは治すことに専念。

調べたら、こんな方法で治るそう。早速、今夜やってみます。

1.就寝直前に両手を45度程度の湯に晒すか浸けるかしてして3分以上。
2.タオルで水分を奇麗にぬぐって、ナイロンの手袋をはめる。
3.それを固定するように普通の手袋(そのナイロンの手袋を固定できるのならなんでもいい)をその上からつけます。
4.そして、寝ます。

▼親指シフトに関連するエントリー

ぞの
平成生まれのサラリーマンブロガー×コトモノコンサル
ガジェットやライフハックなど、実体験を基にした記事が得意です。
詳しいプロフィールは、“こちらから”ご覧いただけます。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で
一覧から記事を探す
一覧から記事を探す