書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

「なんとなくやる気が起きない」僕はそれを”内省タイム”と呼んでいます

多くの人が経験したことがあるのではないでしょうか。

「なんとなくやる気が起きない。」「理由はわからないけど、動きたくない。」

僕はそれを”内省タイム”と呼んでいます。

広告

内省とは

ストレングスファインダーの資質の1つです。

僕は、上位8番目にあります。

ストレングスファインダーの本によるとこんな説明です。

考えることが大好きです。頭脳活動を好みます。
一人でいる時間は、黙想して内省するための時間
自分自身の最良の伴侶

とにかく考える時間が欲しいんです。
頭を使っていることが楽しいんです。

8番目の資質なので、常に考えていたいわけではありませんが、ときどき顔を出してきます。

なぜ顔を出したか

おそらくですが、いろんなことをやり過ぎです。

やる気タンクがいっぱいになって、行動することを制限しているのだと思います。
「これ以上やると、身体がもたない」と悲鳴をあげている気がします。

そのせいで”内省タイム”が必要なんです。

さいごに

“内省タイム”って言ったら、ポジティブな意味に聞こえませんか?
良い意味にとらえると、復活も早まると思っています。

あなたも僕と一緒に”内省タイム”をしてみませんか?

ぞの
平成生まれのサラリーマン×ブロガー。
書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。
詳しいプロフィールは、"こちらから"ご覧いただけます。
〜記事を探す〜
〜記事を探す〜