TaskChute Cloud初心者向けの使い方(5)〜セクションを設定してみる〜

家から家へジャンプする女性

TaskChute Cloudヘビーユーザーの”ぞの(@z02n05)”です。

前回の記事では、モードについて説明しましたが、この記事では、セクションについてです。

この言葉もタスクシュート独自なので、初心者の方には、戸惑ってしまうところかと思います。

セクションの設定方法も、何が正解なんてものはありませんが、僕の中では、モードと密接に関わりがあると思っています。

それでは早速、説明していきます。

▼バックナンバー

TAG index

セクションは、モードに合わせる

セクションの位置付けは、モードが切り替わるタイミングという認識です。頭の中の状態が切り替わる区切りとして、セクションを設定するのがいい気がします。

ただ僕は、生活リズムに合わせて設定していると言った方がしっくりきます。ほぼ毎日同じリズムで生活する、サラリーマンならではの設定かと思います。

TaskChute Cloud初心者向けの使い方 5 セクションを設定してみる 1

  • 4時:起きて、最も集中して作業をする。
  • 6時30分:出勤の準備をし始める。
  • 8時:家を出て会社へ向かう。
  • 12時:お昼ご飯を食べて休憩する。
  • 13時:午後の仕事の時間と、帰ってきてご飯を食べたりする。
  • 19時:自分の好きなことをやる時間。
  • 21時:頭を使うことはやめて、明日に備える。
  • 22時:就寝
  • 0時:ほぼ間違いなく寝ている。

フリーランスや仕事中にTaskChute Cloudを触れる人なら、2時間おきにセクションを設定するなど、時間で区切っている人が多いように思います。

そのほうが、集中度合いによって区切れそうなので、いつかやってみたいところ。今は、仕事中にTaskChute Cloudを触れないので、そのような設定はできないのです。

▼セクションを設定すると、次のように、ホップアップでセクションが切り替わったことを教えてくれます。頭のモードを切り替えることを促してくれるのが、嬉しいです。

TaskChute Cloud初心者向けの使い方 5 セクションを設定してみる 2

ちなみに、1日の始まりの時間は、4時に設定しています。0時ではなく、目覚めたときに1日が始まる方が、違和感がなく1日をスタートできるからです。

セクションに関しては、以上のように考えて設定しています。

職業や生活スタイルによって、設定が大きく異なるかと思いますので、自分独自のセクションを探してみてください。

▼次は、ここ!

▼バックナンバー

TAG index

記事のタイトルとURLをコピーする!




▼あわせて読みたい

ぞのセレクト

生活を支える厳選23アイテムをご紹介しています。
Apple製品を始めとしたガジェットから、ちょっと便利な文房具まで。