Points of Youの評判→「カードにないストーリーを描ける」

Points of Youを体験してもらった評判〜カードにないストーリーを描ける〜

この記事では、Points of Youを体験してもらった評判を紹介します!

Points of Youは一言でいうと、「カードを使ったコーチングゲーム」です。ゲームというくらいなので、和気藹々と対話を楽しみながらコーチングができるツールです。

Points of Youを体験すると、「カードにないストーリーを描く」ことがあります。

カードを見て話しているのだから、当然カードのことだけを話すのが普通ですよね。しかし、カードの枠を超えた対話になるのがPoints of Youの魅力なのです。

では一体どういうことなのかを、Points of You認定トレーナーの僕から解説しますね!

Points of Youのカードの特徴とは

Points of Youのカードの特徴は、ある風景の一部が切り取られていることです。

普段、僕たちが撮る写真は、完成された写真です。写真を見るだけで、どんなことを言いたいのかが分かるものということもできます。

▼例えばこれは、名古屋港で撮影した写真です。港っぽいマークでカッコいいと思って撮影しました。けど、まあ普通の写真ですよね。

名古屋港のマーク

一方、Points of Youのカードは、”未完成の写真”と表現するのが、しっくりきます。

▼例えば、こちらをご覧ください。

Points of Youを体験してもらった評判 カードにないストーリーを描ける

船が横たわっているように見えますが、この船の全体の大きさはわかりません。50mくらいなのか、はたまた100mくらいなのか?

また、どこの港なのでしょうか?僕には何と無く、南アメリカっぽく感じるのですが、どこだと思いますか?

遠くの方に、もう一隻の船が見えるのですが、どこへ向かっているのでしょうか?今からどこか行くのか、戻って来たのか?それとも、ただ停泊しているだけなのか?

船の先の方に、船内へ入れそうな窓があります。あなたは中へ入ってみたいですか?もし入ったら、どんなことをしてみたいですか?

右下にいる二人は、どんな会話をしているのでしょうか?どんな関係なのでしょう?出身地はどこだと思いますか?

船の色は?気温は?音は?匂いは?

このように、Points of Youの写真は、人によって見え方が違うのです。

たぶん、僕が感じている写真の印象と、あなたが感じている写真の印象が、全く同じになることなんてないですよね。

これがPoints of Youのカードの特徴なのです。

カードにないストーリーを描ける理由

そして、気が付いてましたか?

質問に答えてもらったなら分かると思いますが、全くカードに書いてないことが想像できましたよね?

船の大きさとか、この場所はどこかとか、気温や音もそうですよね。

Points of Youのカードから、あなただけのオリジナルストーリーを描くことができたのではないでしょうか。

なぜ、こうしてカードにないストーリーを描けるのかというと、やはり未完成の写真だからなのです。

カードという枠を無くして発想を広げられるように作られているのがPoints of Youのカードなのです。

カードにないことを描くと個性が見つかる

では、どうしてカードにないストーリーを描く必要があるのでしょうか。

その理由は、自分ごとと結び付けるためです。いや、正確にいうと、話していると勝手に自分のことにすり替わっているのです。

例えば、「船内に入れるとしたら、どんなことをしてみたいですか?」という質問の答えって、どう感じましたか?

僕だったら、船内を散策したいです。

何があるのか気になりますし、操縦席とか覗いてみたいです。できれば、ちょっと操縦してみたい気持ちもあります。

こう思うのは、僕が好奇心旺盛な性格だからなんですよね。

一方、中には、怖そうだから絶対に入りたくないって言う人もいると思うのです。入ったら船が壊れそうとか、オバケがいそうと感じる人もいるはずです。

どちらが良い悪いってことはないのですが、これが個性ですよね。

カードを見て話しているのに、自分らしい個性が見つかるのです。

さいごに

いかがだったですか?

カードにないストーリーを描くことができましたか?

個人的には、ここが一番Points of Youの面白いところだと思っているところなのです。

だって、人によって違うので、みんなの感じたことを聞いてみたいのです。だから、Points of Youのセッションを行なっています。

なので、もっとPoints of Youを知りたい、使ってみたいという人は、こちらからお申し込みください!お待ちしております!

記事のタイトルとURLをコピーする!




▼あわせて読みたい

ぞのセレクト

生活を支える厳選23アイテムをご紹介しています。
Apple製品を始めとしたガジェットから、ちょっと便利な文房具まで。