書評・ガジェット・ライフハック・旅行・投資など、実体験に基づいた記事が得意です。

一生使える服選びの基本を覚えると時間とお金を節約することができる

一生使える服選びの法則

「できれば服にお金と時間を使いたくないひとのための一生使える服選びの法則」を読んだ”ぞの”です。

部屋中に服が転がっている人や似た服ばかり買ってしまう人におすすめの一冊です。

基本を覚えて、時間とお金を節約できるようになりましょう。

基本中の基本

服選びの基本は「ふつう」を目指すことだそうです。
自分らしさや、個性を求めることは応用です。

「ふつう」とは、この4つの要素を備えているものです。
この「ふつう」さが大人のファッションには必要不可欠だそうです。

  • ベーシックであること
  • 自然であること
  • 清潔感があること
  • シンプルであること

店選び

あなたは服を買うお店はいつも同じですか?
僕はだいたい決まっていて、みんなが知っているお手頃価格のお店が多いですね。

本書は、お店選びの3つのポイントを教えてくれました。

  • ベーシックな服がそろっている
  • 店員さんの押しが強くなく、試着しやすい
  • 店員さんの服装に好感が持てる

言われてみたら、この条件に当てはまっているお店で買っていることが多いです。
特に、店員さんの押しが強くないということが、僕にとっては重要です。
店に入った瞬間に声をかけられると、嫌な気分になってしまうのです。

そんなときに、効果的なのが、イヤホンです。
耳をふさいでいる人には、近づいてきません。

アイテム選び

本書では、いかに「ふつう」を選ぶことができるかについて教えてもらえます。
たとえば、ジーンズはいいものを選びたい人が多いと思いますが、本書ではユニクロを勧めています。

その理由とは、ユニクロのジーンズであると、すぐに分かる人はいないからです。
また値段のわりに質が非常に高いことも、理由のひとつに上げられています。

さいごに

アイテム選びの基本は、シンプル&サイズがピッタリということを繰り返し教えてくれました。
それが「ふつう」さに繋がるのです。

本書に書かれている基本的な技術を身につけたら、服選びが楽になることは間違いなさそうです。

あなたも大人ファッションの基本アイテムを一通り揃えてみてはいかがでしょうか?

次に読んでもらいたいエントリー

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で