ガジェットやライフハックなど、実体験を基にした記事が得意なブログメディア

アラサーサラリーマンの人生初一人暮らし3ヶ月目の感想(睡眠編)

ベッドで眠る猫

人生初の一人暮らしも3ヶ月が経過した”ぞの(@z02n05)”です。

「最初の3ヶ月は楽しい期間。そこからまた、気持ちに変化が起こるよ。」

と、よく聞くものですから、いまの気持ちを記事にして残しておこうと思います。

これから一人暮らしを始めようとしている人に役立つ情報なので、ぜひチェックしてみてください。

この記事では、“睡眠について”です。続きをご覧ください。

▼バックナンバー

広告

ゴジラー生活を継続中

一人暮らしを始めてから、念願だったゴジラー生活をスタートさせました。

朝5時に起きて、朝活をする生活です。

最高の仲間たちと早起きをして、いま自分がやりたいことに集中して取り組んでいます。

5時起きを10日も続けられた理由は、ライフエンジンの仲間がいるから

やっぱり朝の集中力は非常に高いので、自分自身でも生産性が高いことを実感しています。

もちろんこの記事も、5時に起きて書いていますよ。

朝一番に、最も大切なタスクを行うべき4つの理由

しかし、たまに眠る時間が遅くなって、以前と同じ6時とかに起きることもあります。

その時は、寝坊した感覚を覚えます。

5時に起きることが当たり前なので、生活リズムが変わってしまったという違和感もあるくらい。

それくらいに、ゴジラーが定着するようになりました。

家事のしわ寄せが睡眠に・・・

一方で、一人暮らしを始めたことによって、家事という大きな負担が増えました。

料理を作ったり、洗濯をしたり、掃除をしたり。

3ヶ月生活してみて慣れてきたとはいえ、実家にいたときとは、時間の使い方が全然違います。

そのおかげで、睡眠時間を圧迫し始めました。

5時に起きる生活へシフトしたので、眠る時間も早くする必要があるのですが、実際には、眠る時間が早くできていません。

21時に眠るのが理想ですが、23時近くになってしまうことがほとんど。

仕事から帰ってから料理をしたりすると、ついダラダラ動いてしまいがち。家事をすると、意思の力も弱るので、SNSをボーッと見ている時間も長め。

そうなる前に、早く眠ればいいのですが、それができていないのが最近のことです。

これから一人暮らしを始める人へ

“家事”は、生活に大きな影響を及ぼします。

僕の場合は、家事が嫌いというわけではありません。いや、むしろ好きな方ですが、どうしても時間がかかってしまいます。

そのしわ寄せが、睡眠時間が減少となっています。

なので、睡眠時間を減らさないために、楽に家事を行う方法を考えておくのがお勧めです。

僕も今一度、家事の負担を減らす方法を考えます。こうご期待ください。

▼バックナンバー

ぞの
平成生まれのサラリーマンブロガー×コトモノコンサル
ガジェットやライフハックなど、実体験を基にした記事が得意です。
詳しいプロフィールは、“こちらから”ご覧いただけます。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で
一覧から記事を探す
一覧から記事を探す