ガジェットやライフハックなど、実体験を基にした記事が得意なブログメディア

MacBook2年目でも使い続けている周辺便利グッズ・アイテムまとめ

MacBook2年目でも使い続けている周辺便利グッズ・アイテムまとめ

MacBookを2年近く使っている”ぞの(@z02n05)”です。

外出する時は、ほぼ間違いなく一緒に出かける相棒です。それと合わせて、周辺機器も一緒に持ち歩いています。

この記事では、周辺機器に焦点を当ててご紹介です。

購入当初は絶対にいるだろと思っていたあのアイテムは、結局ほとんど使わないようになったりしました。

それでは続きをご覧ください。

広告

PCスタンドがアウトプット力を支えている

MacBookの周辺アイテムで何よりもお勧めしたいのが、このPCスタンドです。

キーボードをタイプするのに、これがないと誤字脱字が嵐のように増えてしまいます。

僕のアウトプット力を支えているのは、間違いなくPCスタンド。親指シフトとの相性も抜群です。

なので、野外でMacBookを触ることになったとしても、確実に持ち歩いています。

ノマドワーキング中に最も注目されるアイテムは、このPCスタンドです。

もちろんスリーブケースに入れて

僕の場合は、MacBookを外出先で使うことがほとんど。家ではもう一台のパソコンがありますので。

そのため、持ち歩くためにスリーブケースに入れています。

このケースがまたカッコいいんです。

自分で言うと嘘のようですが、友達からも「ケースがカッコイイね」とよく言われます。

MacBookケースを乗り換えた理由は、たった2cmのストレスのため

本体はスキンシールで保護

ケースだけではMacBookに傷がついてしまうかもしれないので、本体にはスキンシールを貼り付けています。

これもまた惚れ惚れしてしまうカッコ良さ。

万が一、MacBookを買い直すことになったとしても、確実にまたスキンシールを貼ります。

カッコいいし傷から保護してくれるなんて、もう最高です。

wraplusのスキンシールでMacBookを格好良く傷から保護。貼り方には注意点があります。

SUPER CLASSICのカバンへ入れて

家の外へ持ち出す時は、SUPER CLASSICさんから発売されているカバンを使っています。

パソコンを持ち歩くことを前提に作られたカバンなので、ノンストレスで、安定して持ち歩くことができています。

ちなみに使っているカバンは、2種類。

▼かわるビジネスリュックと、

かわるビジネスリュックに惚れた6つの魅力をあなたにもシェア

▼ひらくPCバッグminiです。

「ひらくPCバッグmini」カフェまでノマドワーキングするときに大活躍する便利バッグ

USB-Cハブは、ほぼ不要になった

MacBookを購入した当初は、絶対にいるだろうと思っていたアイテムで、結局使わなくなったものがあります。

USB-Cハブです。

MacBookのポートが1つしかない弱点を克服するAnkerのUSB-Cハブ(USB3.0 2ポート、HDMI、 USB-C充電ポート)

使わなくなった理由は、2つあると考えています。

  1. Apple製品とのデータ転送には、AirDropが使えるから
  2. ほとんどの端末で、Dropboxなどのクラウドサービスが使えるから

逆に、USBハブを使う時というのは、iPadをデュアルモニターにして使いたい時くらいです。

これもやろうと思えば無線でディアルモニターにできますが、遅延があるのですよね。なので今のところは、有線でディアルモニター化しています。

Duet Display

1,200円
(2018.02.05時点)

 App Store

posted with ポチレバ

まとめ

まとめると、僕が使っているMacBook周辺便利グッズ・アイテムは次の通りです。

  • PCスタンド
  • パソコンケース
  • スキンシール
  • かわるビジネスリュック
  • ひらくPCバッグmini

どれも僕にとっては、なくてはならない必須なものばかり。

自信を持ってお勧めします。

MacBookに関連するエントリー

ぞの
平成生まれのサラリーマンブロガー×コトモノコンサル
ガジェットやライフハックなど、実体験を基にした記事が得意です。
詳しいプロフィールは、“こちらから”ご覧いただけます。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で
一覧から記事を探す
一覧から記事を探す