ガジェットやライフハックなど、実体験を基にした記事が得意なブログメディア

瀬戸芸まであと半年!開催が待ち遠しい!!

”瀬戸内国際芸術祭”が、香川県の島々で3年に1度開催されています。

2013年に、はじめて訪れたときに、心を奪われてしまいました。

半年後の3月20日から春の部が始まるので、今からわくわくしています。

広告

絶対に行きたい4つの島

直島(なおしま)

地中美術館は必ず行きたいです!なんと美術館が埋まっているんです(笑)
モネやジェームス・タレルの作品に再会したい!

地中美術館 | 直島 | ベネッセアートサイト直島

家プロジェクトもかかせません!
前回、”ぎんざ”と”南寺”に行きそびれてしまったことがとっても悔やんでいるんです(涙)

家プロジェクト | 直島 | ベネッセアートサイト直島

島で、宿泊することになったらお風呂は、ここでしか入りたくない(笑)
とっても狭いですが、至る所にアートがあって、まったりしながら楽しめます。

直島銭湯「I♥湯」 | 直島 | ベネッセアートサイト直島

休憩は、絶対にここ!
とっても混んでいて、いけなかった場所なので、次回こそは!

メニュー | 島キッチン shimakitchen

豊島(てしま)

豊島美術館は、入館した瞬間に心が震えました。
な,なんだここは!と感動、感激しました。
一面の真っ白な空間と地面からわき出る水。これは、見た人しかわからない空間です。
夢は、ここで”お昼寝”することです(笑)

豊島美術館 | 豊島 | ベネッセアートサイト直島
瀬戸内海を望む豊島唐櫃(からと)の小高い丘に建設されるアーティスト・内藤礼と建築家・西沢立衛による「豊島美術館」。休耕田となっていた棚田を地元住民とともに再生させ、その広大な敷地の一角に、水滴のような …

男木島(おぎじま)

“かもめや”という秘密基地にいってみたいです。
離島で初のコワーキングスペースがあるらしいんです(笑)
また、ドローンを使った実験なんかもやっていて、IT好きにはたまらない場所ではないかと期待しています!

かもめや 男木島

女木島(めぎじま)

よく知られている鬼ヶ島の由来になったところです。
あと、バトルロワイヤルの撮影場所にもなったらしい。
目的は、鬼ヶ島大洞窟に入ることです(笑)

鬼ヶ島観光協会~伝説のおにがしまへようこそ~

注意点

かなーーーり余裕を持った計画を立てましょう(笑)
無計画で行ったら大変な目に遭いましたw

1.
移動にとっても時間がかかります。
バスはありますが、本数はとっても少ないです。満員もよくあります。
島と島の移動は、当然、フェリーですが、これも本数が少ないです。

2.
島で宿泊するときは、予約と食事する場所をおさえましょう。
当日まで、宿泊先を決めなかった僕は、島の宿泊先に空き状況を電話しまくってなんとかなりましたが、奇跡が重なりました。
本当に野宿&ご飯にありつけない状況になりかけたので、気を付けましょう。

3.
美術作品がいたるところにありますが、触れていいものといけないもの、撮影不可なものなど、アートを楽しむためのマナーは、しっかり守りましょう。

さいごに

瀬戸芸はとっても面白いです!
普段、アートに興味がない人でも楽しめると思います。
というのも、島の人たちがフレンドリーで優しいんです。
たぶん、ここに心を奪われたのかも知れません。

マナーを守って計画的にアートを楽しみましょう!

瀬戸内国際芸術祭

ぞの
平成生まれのサラリーマンブロガー×コトモノコンサル
ガジェットやライフハックなど、実体験を基にした記事が得意です。
詳しいプロフィールは、“こちらから”ご覧いただけます。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で
一覧から記事を探す
一覧から記事を探す