ガジェットやライフハックなど、実体験を基にした記事が得意なブログメディア

朝活が続いている理由は睡眠傾向に有り〜SleepCycle(アプリ)でわかったこと〜

SleepCycleで見る、朝活を始めてからの睡眠傾向

一人暮らしを始めてから5時に起きて朝活をしている”ぞの(@z02n05)”です。

だいたい3ヶ月くらい経ちました。

体調はすこぶる良いですし、好きなことの進捗度合いも最高です。しかし、念の為、睡眠を振り返ってみました。

体調を崩すときは睡眠不足が原因ですし、そろそろ一人暮らしも慣れてきた頃なので。

振り返った方法は、かれこれ2年以上使っている睡眠を記録するアプリ「SleepCycle」を使います。

これを見れば、睡眠時間や快眠度など、睡眠に関することがよく分かるのです。

それでは早速、どんなことが分かったのかご紹介します。

Sleep Cycle alarm clock

無料
(2018.02.12時点)

 App Store

posted with ポチレバ

広告

起床時間は、ほぼゴジラー

一人暮らしを始めたのは、10月末からです。およそ始めた直後から、ずっと憧れていた朝活にも挑戦しています。

実家で暮らしていた頃の起床時間は、だいたい6時30分でした。それが6時になり、慣れてきたら5時になり、といわゆるゴジラーが定着してきました。

最近ではもう、6時台に起きると寝坊したと感じるくらいです。

明日から早く起きるための3つのコツ〜僕がゴジラーになった方法〜

SleepCycleで見る 朝活を始めてからの睡眠傾向4

就寝時刻は、早まった

朝活をするためには、当然のように、早く寝る必要があります。僕も早く起きるのに合わせて、就寝時刻を早めました。

が、やや足りていません。22時に眠ろうが0時に眠ろうが、起きる時間はだいたい5時。

このグラフのブレ具合を見ていただいたら、すぐに分かりますね。本当は、眠る時間を安定させたいです。

SleepCycleで見る 朝活を始めてからの睡眠傾向2

快眠度は、変化なし

しかし、その割には、快眠度は安定しています。

体調がすこぶる元気なのは、このおかげでしょう。

快眠度には、かなり気を使っていますので、成果が出ているのかもしれませんね。

快眠度を上げるために記録しながら試してきた10のこと

SleepCycleで見る 朝活を始めてからの睡眠傾向1

睡眠時間は、取り戻してきた

快眠度は良いのですが、睡眠時間には不満を感じています。僕の理想は、1日に7時間30分眠りたいのです。

それが現状は、6時間30分くらい。お昼寝を20分ほどしてますので、1日約7時間くらいの睡眠時間です。

もうちょっと眠りたい。そのためには、もっと早く就寝しなければ。。。

SleepCycleで見る 朝活を始めてからの睡眠傾向3

まとめ

振り返って見てわかったのは、朝活を始めても、いい感じに睡眠をとることができているということです。

極端に睡眠時間が減ったり、快眠度が減ったりしていないので、毎日5時に起きることができているのでしょう。

おかげで、体調もずっと良いですし。

睡眠の状況は、密かに気になっていたので、確認できて一安心です。

朝活をしているあなたも、睡眠状況は大丈夫ですか?ちょっと怖いですが、確認してみるのがオススメです。

Sleep Cycle alarm clock

無料
(2018.02.12時点)

 App Store

posted with ポチレバ

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読まれています。

ぞの
平成生まれのサラリーマンブロガー×コトモノコンサル
ガジェットやライフハックなど、実体験を基にした記事が得意です。
詳しいプロフィールは、“こちらから”ご覧いただけます。

このブログが気に入ったら
いいね!でフォローできます。

Twitter で
一覧から記事を探す
一覧から記事を探す