Magic Keyboard レビュー〜打ちにくいから、角度をつけてみた〜

iMacをゲットしたことに伴って、Magic Keyboardを使い始めた”ぞの(@z02n05)”です。

僕はブロガーなので、キーボードには人一倍、気を使っています。というのも、キーボードによって、文章を打つスピードや精度、モチベーションに大きく影響するからです。

そんな僕が新たに使い始めたMagic Keyboardですが、打つ感覚としてはかなりグッドです。しかし、普通にタイピングしていたら、打ちにくさを感じます。

キーボードに角度がないからです。

僕の場合は、親指シフトを使って文章を打っていることもあって、キーボードに角度がないと非常に打ちにくいのです。

そこで、とあるアイテムを工夫して使ったところ、打ちにくさを改善することができました。慣れてきたら、かなり打ちやすいキーボードと感じています。

それでは早速、どんなことをやったのかをご紹介しましょう。

Magic Keyboardデビュー

めでたく僕は、iMacをゲットできたので、キーボードもMagic Keyboardへと変わりました。

今までは、MacBook Pro 2013をメイン、MacBook 2016をサブで使っていたので、Magic Keyboardを触るのは初めてになります。

Magic Keyboard レビュー〜打ちにくいから、角度をつけてみた〜6

何より、ワイヤレスであることが非常に素晴らしいです。これがデスクトップ型パソコンのメリットの一つですね。

キーボードがワイヤレスだと、パソコンとキーボードの距離は自分好みに調整することができます。パソコンを使わないときは、邪魔にならない場所へ片付けることができます。

充電が必要というめんどくささはあるものの、ワイヤレスがすごく快適に感じます。

しかし、”打ちやすさ”という点に関しては、ちょっと不満なことがありました。

角度が足りなくて打ちにくいから、ちょっと工夫を

僕は、親指シフトという、ちょっと変わった方法で文章を入力しています。ローマ字入力よりも、キーボードを打つ回数が少ないので、とにかく楽チンなのです。

この親指シフトというタイピングは、指を立てて打つのが特徴の一つなので、キーボードには、ある程度の角度が必要です。

以前使っていたMacBook Proも外出用で持っているMacBookも、角度をつけるためのアイテムを使っていました。

それくらい角度が重要なのですが、Magic Keyboardは角度が足りません。そのため、親指シフトでのタイミングが打ちにくて仕方ありません。

ここで僕は考えました。どうやったら、ちょうどいい角度をつけることができるだろうかと。

magic keyboard

そこで閃いたのが、MacBook Proで使っていた「Kickflip」を使うということです。

ただ、普通に使うのではありません。このように普通の使い方をすると、角度があり過ぎて、逆に打ちにくくて仕方ありません。

Magic Keyboard レビュー〜打ちにくいから、角度をつけてみた〜

僕がやった工夫というのは、「Kickflip」を、”ただ付けただけ”の状態で使うということです。

そうすると、Magic Keyboardに絶妙な角度が生まれて、とても打ちやすいキーボードに生まれ変わったのです。

Magic Keyboard レビュー〜打ちにくいから、角度をつけてみた〜

Magic Keyboard レビュー〜打ちにくいから、角度をつけてみた〜

さいごに

我ながら、素晴らしい工夫です。

この工夫を思い付いてから、もう何万文字かタイピングしていますが、非常に快適です。

Magic Keyboardをそのままの状態で使い続けるのと比べると、天と地くらいの差があります。

なので、もうちょっとMagic Keyboardに角度が欲しいなと思っている人には、Kickflipを”ただ付けるだけ”がオススメです。

ぜひ、試してみてください。

記事のタイトルとURLをコピーする!




▼あわせて読みたい

ぞのセレクト

生活を支える厳選23アイテムをご紹介しています。
Apple製品を始めとしたガジェットから、ちょっと便利な文房具まで。