Amazon EchoとeRemoteを連携させて、エアコンをセットできるようになりました!

Amazon Echo とeRemoteを連携させて、エアコンを普通に設定できるようになった

スマートホームを実現させている”ぞの”です。

照明をつけたり、エアコンをつけたりするのは、言葉で行うようになりました。リモコンをほぼ使う必要がなくなったのです。

ただ、エアコンについては、ちょっと特殊な方法で設定する必要がありました。エアコンを、照明として登録しないといけなかったのです。

その特殊な設定が、ちょっと前から不要になりました。エアコンをエアコンとして登録すると、Amazon Echo とeRemoteを連携できるようになったのです。

それでは、そのやり方について、ご紹介します。

エアコンをエアコンとして登録できるようになった

Amazon Echo とeRemoteを連携して、エアコンをコントロールするためには、eRemoteの方で、エアコンを照明として登録しておく必要がありました。

なぜなら、Alexaアプリの中で、エアコンを登録することができず、照明しか登録できなかったからです。

そのため、ちょっと裏技っぽい方法で登録しておく必要がありました。

しかし、ちょっと前から、Alexaアプリの中で、エアコンが登録できるようになりました。

▼Alexaアプリの「スマートホーム」に、「エアコン」が追加されたのです。

Amazon Echo とeRemoteを連携させて、エアコンを普通に設定できるようになった

Amazon Echo とeRemoteを連携させて、エアコンを普通に設定できるようになった

これによって、エアコンをエアコンとして、普通に登録することができるようになりました。

eRemoteアプリの方でも、照明としてではなく、エアコンとして登録しておけばオッケーです。

設定方法はこちら

当たり前のことが、当たり前にできるようになっただけですが、嬉しいですね。裏技を使って登録したので、どこかモヤモヤしていました。

これからも、我が家のスマートホーム化を進めていきます。

ちなみに、エアコンをエアコンとして登録する方法は、こちらの記事にあります。

照明の解説ですが、エアコンと読み替えれば、設定することが可能です。

他にも、Amazon Echoの記事があります

▼あわせて読みたい




記事のタイトルとURLをコピーする!
MacBook

まず最初に読んでほしい7つの記事

1000以上ある記事の中から、厳選した7つの記事をお届けします。

TaskChuteCloud紹介用バナー(2)

TaskChute Cloud初心者向けの使い方

TaskChute Cloudを使いこなすための8つのステップを紹介しています。
時間の使い方を自覚し、自分らしい人生を送るための必須ツールです。