27インチiMacのデメリット「マウスポインタを見失う」を解決する3つの方法

iMacがあるテーブル

ちょっと前からiMacを使っている”ぞの(@z02n05)”です。

27インチという大画面に圧倒されつつ、5Kの美しさにうっとりもしながら、ニヤニヤしながら使いまくっています。

今のところ使いにくいと感じるところは、ある一点しかありません。

画面が広すぎて、マウスポインタがどこにあるか分からなくなるということです。僕の場合は、デュアルモニタにしているので、余計に見失いやすいのです。

しかし、この問題を解決する方法を3つ見つけました。

早速それらをご紹介します。

マウスポインタをシェイクする

もっとも簡単にマウスポインタを見つける方法は、マウスポインタをシェイクする方法です。

シェイクとは何かといいますと、左右にガーッとマウスやトラックパッドを使って、ポインタを振ることです。

そうすると、マウスがネズミのように動きますし、マウスポインタが大きくなるのです。

だから、簡単に見つけることができます。

マウスポインタのサイズを大きくする

次は、見つからない状態にならないようにする方法です。

デフォルトのマウスポインタのサイズを変更します。

サイズが大きくなれば、見失うことが減ることは目に見えますよね。

▼「システム環境設定」の中の、「アクセシビリティ」をクリック。

27インチiMacのデメリット「マウスポインタを見失う」を解決する3つの方法

▼サイドバーの中の、「ディスプレイ」をクリック。

27インチiMacのデメリット「マウスポインタを見失う」を解決する3つの方法

▼「カーソルのサイズ」 のバーで、お好みのサイズに変更することができます。

27インチiMacのデメリット「マウスポインタを見失う」を解決する3つの方法

右クリックをする

最後に、地味ですが、右クリックをするのも一つの方法です。

右クリックしてメニューが開くと、地味に目立つじゃないですか。そうすると、画面のどこにマウスがいるかがスッと分かります。

27インチiMacのデメリット「マウスポインタを見失う」を解決する3つの方法

さいごに

27インチ5KのiMacは、とにかく素晴らしい製品だと思います。どんな角度から見ても美しいですし、サクサク動作してくれて快適です。

ただ、画面が広すぎるために、マウスポインタを見失うのがデメリット。

この問題を解決するために、僕はまず、マウスポインタのサイズを大きくしました。これで、結構、見失うことは減りました。

ただ、それでも見失うことはあるので、その時は、シェイクするか右クリックでマウスポインタを見つけています。

あなたもよく見失うようでしたら、早速、試してみてくださいね。

Macに関連するエントリー

ぞのドットコムはぞの.jpに完全移行しました!

ぞのドットコムは生まれ変わり、今はぞの.jpがすくすくと育っています。

>>新ブログ「ぞの.jp」はこちら




この記事を書いた人

ぞの

ぞの

セッションが大好きなPoints of You認定トレーナー/身近なコト・便利なモノを紹介するのが好き/Points of You・ガジェット・タスクシュートなど、ライフハックにまつわる記事が得意

MacBook

まず最初に読んでほしい7つの記事

1000以上ある記事の中から、厳選した7つの記事をお届けします。

TaskChuteCloud紹介用バナー(2)

TaskChute Cloud初心者向けの使い方

TaskChute Cloudを使いこなすための8つのステップを紹介しています。
時間の使い方を自覚し、自分らしい人生を送るための必須ツールです。