MacBookProからiMacへ乗り換えて感じる3つのメリット

MacBookProからiMacへ乗り換えて感じる3つのメリット

メインで使っているパソコンをiMacにした”ぞの(@z02n05)”です。

今までは、MacBookProを使っていましたが、ちょっと古くなってきたので、思い切ってiMacを購入しました。

使ってみて感じるのですが、やっぱりiMacって最高です。

パソコンを変えると大抵、「やっぱり変えなきゃよかった」という点が見つかるものですが、今のところ、一つも見つかっておりません。

それでは早速、どんな点が良いと感じているのかをご紹介です。

続きをご覧ください。

机が広く使えるようになった

一つ目のメリットとしては、机が広く使えるようになったことです。

ノート型のパソコンだと、どうしても机を占領してしまいます。

しかし、iMacの場合だと、キーボード・トラックパッド・マウスがワイヤレスなので、邪魔にならないところに置くことができます。

デスクトップ本体も、ノート型と比べると場所を取らないので、机が一気に広く使えるようになりました。

nu boardを広げても、まだ机にスペースがあります。

もっとスペースを広げたかったら、ディスプレイボードというアイテムもオススメです。

画面が広くて快適

パソコンの画面も、大きくなって便利と感じています。

今までは13インチだったのが、27インチに変わりました。

約2倍になったのですが、やっぱり画面が大きいことは正義です。パソコンを使って何をやるにしても、画面が広いから作業がしやすいです。

しかも、5Kなので、すっごく画面が美しいとも感じます。

動作がサクサクしてノンストレス

最後に、動作がサクサクになったこともメリットです。

僕が使っていたMacBookProは、やや古かったこともありますが、iMacだと、サクサク動作してくれて快適です。

特に負荷がかかるようなことをやっているわけではありませんが、ブログを書くのにもネットサーフィンするのにも、動作のサクサク感を感じます。

おかげで、ノンストレスでiMacを使うことができています。

さいごに

僕が感じているMacBookProからiMacへ乗り換えたメリットは、3つあります。

  1. 机が広く使えるようになったこと
  2. 画面が広くて快適になったこと
  3. 動作がサクサクでノンストレスになったこと

とにかく最高過ぎる製品と感じています。今の所、デメリットになることが見当たりません。

人によっては、持ち運べないことがデメリットとなるかもですが、僕はMacBookを外出ようとして持っているので問題ありません。

iMacは、最高のアイテムかと思いますので、購入を迷っているなら、買ってしまっても後悔はしないはずです。

すごく良いですよ。

▼あわせて読みたい




記事のタイトルとURLをコピーする!
MacBook

まず最初に読んでほしい7つの記事

1000以上ある記事の中から、厳選した7つの記事をお届けします。

TaskChuteCloud紹介用バナー(2)

TaskChute Cloud初心者向けの使い方

TaskChute Cloudを使いこなすための8つのステップを紹介しています。
時間の使い方を自覚し、自分らしい人生を送るための必須ツールです。