Amazon EchoをiPhoneの外部スピーカーに設定する方法(Bluetooth接続)

AmazonEcho

Amazon Echoと同居生活を送っいてる”ぞの”です。

最近、グレイテスト・ショーマンにハマっているので、iPhoneでサントラをよく聞いています。

しかし、iPhoneではどうしても音質や音量が足りないので、家ではAmazon Echoをスピーカーとして使って聞いています。

やっぱりiPhoneとは、音が一味違うのです。

この記事では、どうやればAmazon Echoを外部スピーカーとして使えるようにするのかをご紹介します。

30秒あればできるので、Amazon EchoとiPhoneを持っている人は、設定しておいて損はないはずですよ。

外部スピーカーとして設定する方法

▼まずiPhoneの「Bluetooth」メニューへ移動します。

Amazon EchoをiPhoneの外部スピーカーに設定する方法(Bluetooth接続)

今度はAmazon Echoに向かって、こう言ってください。

「アレクサ、ペアリングして」

iPhoneのAlexaアプリでも、設定できますが、せっかくのAIスピーカーなので話して設定するのがオススメです。

ちなみにAlexaアプリの場合は、「設定」→「〜さんのEcho」→「Bluetooth」→「新しいデバイスをペアリング」です。

▼そうすると、iPhoneにこんな画面が表示されるので、「ペアリング」を選択すると完了です。

Amazon EchoをiPhoneの外部スピーカーに設定する方法(Bluetooth接続)

▼Amazon EchoとiPhoneが、Bluetooth接続されました。これで、外部スピーカーとして使うことができます。

Amazon EchoをiPhoneの外部スピーカーに設定する方法(Bluetooth接続)

次からは、「スマートフォンを接続」というだけで接続することが可能です。

例えば、外出先から帰宅したときなど、一度接続が切れた時に使える技なので、覚えておきましょう。

Amazon Echoをスピーカーにしてみた感想

音質にこだわりがない僕ですが、Amazon EchoとiPhoneの音の違いは感じます。

どう違うのかと言われると分からないのですが、Amazon Echoで聞いている方が、心地よいです。あと音量も大きいので、家のどこにいても音楽が聞こえます。

メンドくさがり屋の僕が、毎回Bluetooth接続させて聞いているのが、何よりの証拠です。

ちなみに聞いている音楽は、映画「グレイテスト・ショーマン」のサントラです。映画を観に行ったらハマってしまって、以来、エンドレスリピートで聞いています。

また、Macをお持ちの方向けに、今回と同様に、Macの外部スピーカーとして設定する方法もご紹介しています。

こちらも簡単に設定できるので、やっておいて損はないはずです。お試しあれ。

記事のタイトルとURLをコピーする!




▼あわせて読みたい

ぞのセレクト

生活を支える厳選23アイテムをご紹介しています。
Apple製品を始めとしたガジェットから、ちょっと便利な文房具まで。