心を動かす売れる一行の作り方

“1行バカ売れ”。
本のタイトルに刺激され、迷わず購入しました。

1行のキャッチコピーで、思わずポチッ!したり、足を止めることありますよね。

事例とその背景から、売れる1行の作り方を学びました!

売れる大前提

受け手に「自分と関係がある」と思ってもらう

当たり前すぎて、聞き飽きたと思ったでしょうか。
だけど、それでもまだ、言い足りないくらい重要なんです。

本書で、キャッチコピー力とは、次のように言っています。

受け手の心をつかむ言葉を見つけ、短く的確に言い表す能力

この能力は、2つに分けることができます。

  • 言葉を見つける
  • 短く的確に表す

広告業界では、このことを

  • What to say
  • How to say

と言うそうです。英語だとかっこよく聞こえますね(笑)
一般的には、Howに力を入れがちですが、Whatの方が重要とのことです。

本書の大部分で、Whatの5要素を事例多めで説明されています。

  • ニュースを知らせる
  • 得することを提示する
  • 欲望を刺激する
  • 恐怖と不安でやさしく脅す
  • 信用を売りにつなげる

さらにHowの10要素と組み合わせることで、すばらしい効果を発揮するとのこと。

  • ターゲットを限定する
  • 問いかける
  • 圧縮して言い切る
  • 対比&本歌取り
  • 膨張をエンタメ化
  • 重要な情報を隠す
  • 数字やランキングを使う
  • 比喩でひきつける
  • 常識の逆を言う
  • 本気でお願いする

気になったキャッチコピー

アップル

アップルが売っているのはニュースだそうです。
スマホやスマートウォッチは、他のメーカーからも販売されているのになんで、アップルから買っているのでしょう。
もちろん製品がいいからというのもありますが、キャッチコピーが突き刺さるというのも1つの要素でしょう。

腕時計を再び創造する
ポケットに1000曲を
アップルが電話を再発明する
世界で最も薄いノートパソコン

くぅー!Apple信者には、たまらないコピー!
僕も、がっつり心を奪われています。

ダイソン

ダイソン。吸引力が変わらない、ただ一つの掃除機。

みなさん、聞いたことありますよね。
掃除機を使い比べしたことない人は、ダイソン=吸引力が強いってイメージですよね。
僕は、そうでした。

ですが、吸引力は他のメーカーと大して変わらないらしいです(驚)
**”紙パックが不要” **というベネフィットのためのコピーなんだそうです。
コピーに騙されてました(笑)
すっごい威力ですね!

さいごに

知っているコピーの事例がたくさんあり、学び以上に楽しんで読むことができました。
アップルやダイソンのように、キャッチコピーの威力には驚きです。

先日、読んだ”影響力の武器”も、信用を売りにつなげるの章で紹介していました。
人に影響を与えるための6つの武器 | ぞのドットコム
あわせて読むと”1行バカ売れ”を、より理解できるはず!

本書も、文章を書くときに手元に置いておくこと間違いなしです(笑)
“1行バカ売れ”体験してみたい!!

記事のタイトルとURLをコピーする!




▼あわせて読みたい

ぞのセレクト

生活を支える厳選23アイテムをご紹介しています。
Apple製品を始めとしたガジェットから、ちょっと便利な文房具まで。