一つのことに集中できないのは、不安や恐怖から逃れたいがため

指を差される人

僕は、学ぶことが大好きだ。

いわゆるスキルアップと名が付くものには、即座に反応してしまう。

勉強会やセミナーへは、躊躇なく足を運んでしまう。

こう言うと、素晴らしいことのように思えるかもしれないが、必ずしもいい側面だけではない。

興味が移り変わる日々

「大好きなことだけをして生きていきたい」

そう願って、数年前からスキルアップに繋がる勉強会やセミナーへ足を運び続けている。

親指シフトやフォトリーディング、Points of Youなど、様々なスキルを身に付けてきた。

そのこと自体に、全く後悔はない。生活の一部として、欠かせないスキルになっている。

しかし、最近よく思うのが、「興味が移り変わり過ぎていないか?」ということだ。どうも、一つのことに没頭することができない。

例えば、Points of Youは、とても面白いコーチングツールなので、会社を辞めて独立することができる可能性を秘めている。

世の中の、コーチングを必要としている人へセッションするだけで、十分な収益を上げることができると思う。

ただ、「Points of Youで独立するのだ」「没頭してスキルをもっと磨くのだ」という気持ちにはなれない。

心のどこかで、ストッパーがかかっている。

「無駄だ」「やめておけ」「お前にはできない」

このような、足を引っ張るような声が、自分の中から聞こえてくる。

不安や恐怖から逃げ続けている

これらの声の根源は、不安や恐怖によるものだ。

「もし、失敗したらどうしよう」「もし、好きではなくなってしまったらどうしよう」「もし、生きていけなくなったらどうしよう」

そんな、「もし〜だったら」という、実際に起こってもいない妄想に、勝手に怯えている自分がいる。

だから、Points of Youに没頭することができず、また新たなスキルアップの手法へと興味が移り変わる。

新しいスキルへ手を出すことによって、また1から学び始めることになる。当然最初の頃は、上手くできない。

それが、自分への言い訳材料になるのだ。

「まだ始めたばかりだから、失敗して当然」というように。

一つのことに集中して取り組んでいたら、この言い訳は通用しない。

「もうこんなにも練習しているのに、まだ下手なまま」と、言い訳という逃げ道が立たれてしまう。

この状況になることを、非常に恐れている。

「できない自分を、認めたくない」「できない自分は、生きている意味がない」「できない自分は、人の役に立てない」

そんな思い込みによって、知らず知らずのうちに、逃げグセがついてしまっている。

盛大に失敗したい

新しいスキルを学ぶこと自体は、学習欲が刺激されて、非常に気持ちがいい。

けど、そろそろ大事なことに集中するときがきた。

目を逸らすのは、もうたくさんだ。

自分が信じたことに、思いっきり取り組みたい。失敗してもいいから、自分自身のことを信じてあげたい。一つのことにガムシャラになってみたい。

「失敗したらダメ」という思い込みを外したい。

そのために、盛大に失敗したいと思う。

記事のタイトルとURLをコピーする!




▼あわせて読みたい

ぞのセレクト

生活を支える厳選23アイテムをご紹介しています。
Apple製品を始めとしたガジェットから、ちょっと便利な文房具まで。