絶対安心領域から抜け出したい願望と恐怖の狭間

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー
夜の光

「いつもと同じ」

この言葉には、安心感と危うさが込められている。

いつもと同じということは、慣れていることを繰り返せばいいだけだから楽だ。

しかし、時代の変化に対応する力が衰えてしまうから危険だ。

だから、僕はこの、絶対安心領域から抜け出したい。

いつもと同じは怖くない

  • いつもと同じ通勤経路
  • いつもと同じ仕事のやり方
  • いつもと同じ注文

いつもと同じであれば、失敗する可能性は低い。いつもと同じであれば、”いま”頭を働かせる必要はない。いつもと同じであれば、周囲の目線を集めることも少ない。

いつもと同じという言葉には、甘い安心感が含まれている。

中毒性の高い、お砂糖を舐めているようだ。

また、やったことないけど、ある程度予想が付くことなら怖くない。

  • いつもとちょっと違う通勤経路
  • いつもとちょっと違う仕事のやり方
  • いつもとちょっと違う注文

未来が想像できることなら、抵抗なく挑戦することができる。起こる出来事に対する不確実性が、グッと下がるからだ。

これら”いつもと同じ”と思われる行動のことを、”絶対安心領域”と名付けた。

失敗の恐れもなくて、未知の恐怖もない。つまり、リスクが存在しない領域だ。

絶対安心領域を抜け出す恐怖

しかし、絶対安心領域に居座っていることは、非常に危険なことだ。

変化が激しいと言われる時代の中で、変化をしないことは本当の意味で危険だからだ。

カゴの中で育った鳥が、大空での羽ばたき方を忘れてしまうように、絶対安心領域の中で育った人間は、変化という未知の生活の中では生きられなくなってしまう。

だから僕は、早くこの絶対安心領域から抜け出したい。

もっと自由な生活を送りたいと願ってから、3年は経過した。その結果が、”いま”だ。

この間に、ありとあらゆる挑戦をしてきたつもりだ。多くの人からは、きっと賞賛されることばかりなはずだ。それなりの努力もしてきた。

けど、全然、満足いく毎日ではない。

その理由が、絶対安心領域から足を踏み出していないからだ。ある程度、予想できる範囲でしか行動をしていない。変化を起こしていない。

それゆえに、大きな失敗をしたことがない。いや、おそらく30年近い人生で一度も、大失敗といえるものは経験したことがない。

けれど、そんな生活に、終止符を打ちたい。

レベルアップしていない自分に、嫌気がさしてきた。自分の人生を俯瞰してみたときに、面白味に欠ける。面白いストーリーには、大失敗が必要不可欠なのだ。

ただ、怖い。

失敗するかもしれない。失望されるかもしれない。頑張れないかもしれない。誰も応援してくれないかもしれない。見放されるかもしれない。苦しむかもしれない。泣いてしまうかもしれない。

最終的には、死んでしまうかもしれない。

それでも、現状に満足していない以上、絶対安心領域から抜け出さなければいけない。

でなければ、”いつもと同じ”だ。

▼あわせて読みたい




記事のタイトルとURLをコピーする!
  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー

この記事を書いた人

ぞの

ぞの

セッションが大好きなPoints of You認定トレーナー/身近なコト・便利なモノを紹介するのが好き/Points of You・ガジェット・タスクシュートなど、ライフハックにまつわる記事が得意

MacBook

まず最初に読んでほしい7つの記事

1000以上ある記事の中から、厳選した7つの記事をお届けします。