記事のタイトルとURLをコピーする!

自分の声は自分が一番聴いている〜不幸せな世界は口から出来ている〜

泣いてる男の子

口に出す言葉で世界はできていると確信している。

ネガティブなことを言えば、それが起こる。ポジティブなことを言えば、いつか現実化する。

こんな体験を繰り返してきた。自分だけでなく、周りで起こっているところを見てきた。

ネガティブな発言ばかりする人

職場や学校などで知り合った人たちの多くは、ネガティブな発言ばかりしている。だから普段の僕は、こんな言葉たちをよく耳にする。

  • 疲れた
  • めんどくさい
  • やりたくない
  • お金がない
  • 休みが待ち遠しい

少なくとも僕には、こんな発言を繰り返している人が、幸せそうだなんて見えない。

ネガティブな発言は、足りてない世界に住んでるから出て来る言葉だ。(足りてない世界とは「〜ない」で満ちた世界のこと)

では、この人たちは、幸せな人生に好転させることができるのだろうか。

僕の経験上、久しぶりに会ったとしても、全く発言に変化はない。

足りない世界から、抜け出せていないということだ。普通にしていれば、満たすことができないということだ。

いや、中には、幸せを充分に感じて生きている人もいるかもしれない。けど、そんな人に会ったことはない。

暗示の出所は、自分の口

では、なぜ足りない世界から抜け出せないのか。

僕の見解では、自分で自分に暗示をかけているからだ。

毎日毎日、「お前は足りない世界にいるのだ」と、耳から暗示が入ってきている。

その暗示の出所は、自分の口。

客観的に考えてみてほしい。

そんな暗示をかけられている人が、幸せを手にすることはできるだろうか。幸福の女神様は、降り立ってくれるだろうか。自由な生活が待ち受けているだろうか。

僕は、宝くじに当選して1億円をゲットしたところで、幸せにはならないと思う。

ネガティブ発言は、言わない聴かない

では、幸せになるためにはどうしたら良いか。

それは簡単だ。

ネガティブ発言を、言わない聴かない。

ただ、これを実践するだけで良い。

自分がネガティブ発言をしないというのは、意識をすれば出来るようになる。聴かないというのは、ネガティブ発言をする人の近くに寄らないことでできる。

これを実践すると、どんな変化が起こる気がするだろうか。

僕は、きっと幸せがやって来ると思う。穏やかで優しい世界に変わると思う。

今「そんなわけないじゃん。世界なんて簡単に変わらないよ。」そう思う人も、いたと思う。

それなら、それで全く悪いことではないから、良いと思う。

けど、想像だけはしてみて欲しい。

もし「〜ない」という言葉を聴かない世界があったとしたなら。と。

記事のタイトルとURLをコピーする!