嫌いになった人のことは、二度と許さなかった理由

身を守る

僕は、嫌いになった人のことを許したことがない。

何か事件があってとか、言動が気に入らなくてとかで、その人に近寄らなくなる。苦手意識が植え付けられる。会話をしなくなる。

そんなことが、ごく稀にあった。

そして、二度と仲良くなるなんてことはなかった。一度、”嫌い” と思った人のことを、”好き”と許すことをしてこなかった。

いや、出来なかった。

人を嫌いになる原因

人を嫌いになる原因の多くは、その人の言動が気に入らないからだ。

誹謗中傷をするだとか、一生懸命なことを馬鹿にするだとか、空気を読まずに目立とうとするだとか。

僕にとって、自分がやりたくないと思っていることを、普通にやっている人をみると、苦手意識が植え付けられる。

そして、気が付けば嫌いになっている。会話をしなくなっている。近づかなくなっている。

キッカケは、ある種の嫉妬のようなものかもしれない。

二度と許せない理由

苦手な人には近づかないようにしていても、偶然にも近づいてしまうことがある。

セミナーでたまたま同じテーブルに座っているとか、懇親会で近くにいただとか。

そんな具合で、久しぶりに遭遇したときでも、苦手意識がフラッシュバックされる。体が硬直して、その人に対して、全身のセンサーが向けられる。

なぜ、そうなってしまうのだろうか。どうして、その人のことを許すことができないのだろうか。

一つは、恐怖によるもの。

その人が自分の近くにいると、攻撃されるのではないかと怯えているのだ。僕の心を、グチャグチャにされる気がしてしまう。

だから、その人に対して、心を開けない。好きになれない。苦手という壁を作っておく必要がある。

久しぶりに遭遇したとしても、体がその人のことを覚えている。

だから、自動防御システムが稼働するのだ。

本当に、攻撃されるのか

大人になった自分が、恐れている自分に聞いてみた。。

「本当に、攻撃されるのか」と。そこは、「イエス」という答えが返ってくる。

けど、「攻撃に耐えられないのか」という問いに対しては、「い、いや。そんなことはないはず」「なぜなら、自分は成長したのだから」と返してきた。

そう、僕はもう身も心も大人だ。

だから、大人の対応ができる。自動防御システムがなくなったとしても、相手からの攻撃に耐えられる心を持っている。

しかも、頭だって、大人になっている。それによって、相手の気持ちに考えることができるようになった。

「その人はなぜ、そんな言動をするのか」と。

きっと、その人も、何かに対して恐怖を感じているのでしょう。その対象が、僕なのかもしれない。

そう思うと、その人のことを許せる気がしてきた。

今度会った時には、何事もなかったように、平常心で接することができそうだ。

“好き”と思えるようになったら、最高。

記事のタイトルとURLをコピーする!




▼あわせて読みたい

ぞのセレクト

生活を支える厳選23アイテムをご紹介しています。
Apple製品を始めとしたガジェットから、ちょっと便利な文房具まで。