幸福度は高いけど、最高ではない人生に足りないもの

公園でしゃがんで花を見つける女の子

僕のことをよく知っいてる人は、「いつも楽しそう」「幸せそう」と思っていることでしょう。

事実、僕自身も、毎日が楽しい。生きて生きることが幸せと感じる。

つまり、幸福度が高い人生を送っている。

その自覚が、大いにある。

けど、最高の人生と胸を張って言い切れない。

そこそこ幸福度が高い。けど・・・

何かが足りない。

あと少し、何かが足りない

「幸せな人生って一体なんだろう?」

考えたことがある人は、現代には多くいるはず。

考えたことない人は、いまちょっとだけ想像して欲しい。

  • やりたいことをやっいてる人生が幸せなのか?
  • 欲しいものを手に入れている人生が幸せなのか?
  • 好きな人に囲まれた生活を送っいてる人生が幸せなのか?
  • お金をたくさん持っている人生が幸せなのか?

分からない。けど、多分これ全部、僕は、満たされている。

自分がやりたいことはいつでもできると信じているし、欲しいものだって手に入れている。友人たちは、みんな最高だ。お金だって、多く持っいてるわけではないが、困ることはほとんどない。

けど、あと少し。

最高の人生には、あと少しだけ、何かが足りない。

感謝、、、なのか

よく聞く話かもしれないが、あと少しだけ足りないもの。それは、”感謝”な気がしてならない。

頭の中では、僕は全てのことに対して感謝の気持ちを持っている。

ご飯が食べられていること、着る服があること、仕事があること、友達がいること、こうして生きていること。

けど、どうしても感謝しきれていない部分がある。

過去の苦い経験たちだ。

「あの時の、あいつの言動は許せない」「動けなかった自分が情けない」「ありがたいと思っているけど、感謝しきれない」

そんな想いが、自分の中に眠っていることを見つけた。

怒っている訳でもないし、感謝していないわけではない。けど、、、

すべてに対して、100%感謝することができていないから、最高の人生だと思えないのではないか。

そう、思う。

すべて必要なことと認める

どんなに辛い出来事にだって、必ず意味はある。自分にとって、必要な出来事だったんだ。

それは、間違い無いと思っている。

あの時の、あの経験がなければ、いまの自分はない。

だけど、いまひとつ、許しきれていない。100%感謝まで行けていない。

あらゆる想いを取っ払って、100%感謝したい。

そしたらきっと、最高の人生と言えるはずだ。

過去の出来事、過去の自分、過去の色々。

すべてに感謝できるようになりたい。

記事のタイトルとURLをコピーする!




▼あわせて読みたい

ぞのセレクト

生活を支える厳選23アイテムをご紹介しています。
Apple製品を始めとしたガジェットから、ちょっと便利な文房具まで。