1ヶ月ぶりにコーヒーを飲んだ(カフェインを摂取)後の症状

カフェインを飲む二人

約1ヶ月ぶりに、コーヒーの飲んでしまった。カフェインを摂取してしまった。

自分の意思で飲んだわけではない。「コーヒー飲むでしょ?飲んでいきなよ」と押されて、断ることに失敗してしまったのだ。

そして、止む無く飲むことになってしまったのだが、直後からカフェインの効果と思われる症状が現れ始めた。

飲んだ直後、その日の夜、翌日、とそれぞれ症状が異なるので、ご紹介します。

飲んだ直後は、頭が冴えた

何かきっかけがあったわけではないが、コーヒーを飲まない生活を続けている。飲み物は、基本的には、水か白湯。

しかし、約1ヶ月ぶりに、コーヒーを飲んでしまった。「コーヒー飲むでしょ?飲んでいきなよ」と押されて、断ることに失敗してしまったのだ。そのため、本当は飲みたくないと思いつつも、口にしてしまった。

その直後から、カフェインの効果と思われる症状が現れ始めた。

まずは、劇的に頭が冴えるということだ。

脳内に、電球の玉が設置されたかのように、頭の中が明快になったかのよう。頭の回転速度が、上がったことを実感した。物事を考える速度が上がったような感じ。

その日の夜は、いつもの眠気がやってこなかった

しかし、問題は、夜にやってきた。

全く眠気がやってこない。

普段は、夜22時を過ぎると、かなりの眠気がやってくる。けど、この日は、23時になっても、眠気がやって来なかった。

明らかに、カフェインの効果。

眠ることができないなんてことはなかったのだけれど、本当に眠気がこなかった。まだまだずっと起きていることは可能だった。

学生時代に、眠眠打破を飲んで、徹夜で麻雀していた時のことを思い出した。あの、感覚だ。

翌日は、やる気と集中力が無さすぎた

さらに酷い問題は、コーヒーの飲んだ翌日にやってきた。

以前も、カフェインを摂取した直後は集中力が上がり、翌日は頭痛がするという経験があったので、分かってはいた。

ただ、今回の場合は、頭痛はなかった。

それ以上に、やる気が全くでなかった。仕事が進まない。というのも、集中力が発揮されないのだ。

今度は、頭の中に雲が浮かんでいるよう。フワフワ〜という感覚が、頭の中で踊り続ける。この状態が、夜まで続いた。

さいごに

久しぶりにコーヒーを飲んでも、カフェインの効果は現れた。

一時的に集中力は上がるが、その後は、酷い。眠気と集中力が奪われる。

これで、確信した。

やっぱりコーヒーは、飲まない方が僕に合ってる。

記事のタイトルとURLをコピーする!




▼あわせて読みたい

ぞのセレクト

生活を支える厳選23アイテムをご紹介しています。
Apple製品を始めとしたガジェットから、ちょっと便利な文房具まで。