記事のタイトルとURLをコピーする!

「自分のセッションでは、問題解決の手助けができない」と言う勇気を発揮したときのこと

Points of You

Points of Youのコーチングセッションをしている中で、いつかは出会うであろうと思っていたことと、ついに出会ってしまった。

クライアントの抱えている問題が、自分のセッションでは手助けできる気がしないということだ。

悔しかった。申し訳なかった。どうしようもできなかった。

テーマや課題を探す

セッションをするときは、必ず話したいテーマだとか課題を設定する。

クライアントの抱えている問題の本質はどこかをじっくりと聞く。慎重に、入念に、懸命に、本当の声を探す。

この作業は、僕の得意なことだ。

口から出てきた言葉の裏側に隠れていることを、見抜く力を持っていると思う。「本当は、〜したい」とクライアントの心が思っていることに気が付けるのだ。

「こんな自分にはなりたくない」というテーマや課題

今日も、同じように、クライアントから話題にしたいテーマや課題について聞いていた。

しかし、いつもと違った。

“なりたい自分の姿”がなく、”なりたくない自分の姿”しか浮かばないのだ。

いくら聞いても、「こうなりたくない」「あぁなりたくない」「本当は、なりたくない姿になりたくない」の押し問答。

僕には、これ以上、深く聞くことができなかった。

悔しい、申し訳ない、どうしようもできない

ここで僕は決断した。

「自分のセッションでは、問題解決の手助けができません」と。

自分の敗北を認めるようで悔しかった。力不足は知っていたけど、目の当たりにすると辛い。

さらに、申し訳なさも大きかった。せっかく時間を割いてくれたのに、セッションをすることができなかった。わざわざ会いにきてくれたのに。

自分には、どうすることもできなかった。ただ、話を聞くことしかできなかった。それが、精一杯だった。

すべてはクライアント自身の課題

頭ではわかっているんだ。

すべての課題は、クライアント自身でしか解決できないということを。

僕は、それのお手伝いをすることしかできない。

けど、どこか自惚れていた。自分には、課題を解決する力があると。絶対に、クライアントの役に立つことができると。

だから、悔しいとか、申し訳ない、どうしようもできないという思いが出てくるのだろう。

本当は、クライアントの持つ力を信じきれていなかったのかもしれない。

そう思うセッションだった。

記事のタイトルとURLをコピーする!

▼あわせて読みたい

ぞのセレクト

生活を支える厳選23アイテムをご紹介しています。
Apple製品を始めとしたガジェットから、ちょっと便利な文房具まで。