「ブルー・オーシャン戦略」を読みました

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー
青空の下で手を広げる女の子

フォトリーディング29冊目。

この本は「トリガーワード」が見つけやすくフォトリーディングしやすい本でした。
今まで書いたマインドマップで一番見やすいものが書けた気がします(笑)

僕は、なにも事業をやっていないのですが、ブルーオーシャンを目指すときは必ずこの本に書いてあるフレームワークや重要ポイントをチェックする必要があると強く思いました。

感想

目から鱗がぼろぼろの一冊でした!

ブルーオーシャン戦略ときいて、
なんとなーく「競争相手がいない市場で生き残るための戦略について書かれているのかなー」
「ちきりんさんもおすすめしていたし読んでみよー」という感じで購入してずーっと積ん読になっていました。

一番、おぉ!っと感じた部分は、「新しい価値曲線を描くための4つのアクション」についてです。
つまり、既知の市場(レッドオーシャン)から抜け出すために行うべき行動です。

今までの業界の常識から

  • 除くべきものはなにか
  • 思い切って減らすべきものはなにか
  • 大胆に増やすべきものはなにか
  • 今後付け加えるべきものはなにか

これらを明確に行うことによってブルーオーシャンが見えてくるとのこと。

なるほど、確かにこれをやったら今までレッドオーシャンになかったものができそうだ!と感じました。
既存のものってなにかと加えてる加えてを繰り返して、いらないものまで、くっついていることが多いので、「除く」「減らす」ことがとても重要だと思います。

本の後半部分にいくにつれて話が実践的でより具体的になっていくのですが、
僕のレベルでは、前半の20%くらいを読んだだけでお腹いっぱいになってしまったので、レベルアップしてから再読したいです(笑)
再読したら違う読み方ができそうだなと思える一冊です。

▼あわせて読みたい




記事のタイトルとURLをコピーする!
  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー

この記事を書いた人

ぞの

ぞの

セッションが大好きなPoints of You認定トレーナー/身近なコト・便利なモノを紹介するのが好き/Points of You・ガジェット・タスクシュートなど、ライフハックにまつわる記事が得意

MacBook

まず最初に読んでほしい7つの記事

1000以上ある記事の中から、厳選した7つの記事をお届けします。