僕が理想とする小さな経済圏がプチ実現中

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー
男性チーム

「小さな経済圏」

僕の理想の世界。

自分の周りで、経済が生まれるような感じ。

ずっと願い続けてきたら、少しずつ実現し始めた。

小さな経済圏とは

いつからかは分からないけど、「小さな経済圏を作りたい」とずっと願うようになった。

小さな経済圏とは、自分と仲間たちが中心の経済。

自分が苦手なことを、それが得意な仲間にやってもらう。

仲間が苦手なことを、それが得意な自分がやる。

そしてそれが、お金であったり、価値のあるものになる。

相互補完、相互成長、相互利益。

こんな言葉たちがしっくりくる。

しかしポイントは、「小さな」という部分。

あくまで顔が見える関係。気兼ねなく話せる関係。できないことはできないと言える関係。

それくらい近しい人たちで構成される経済というのが、「いいな」と思うところ。

楽、なんだよね。

プチ実現し始めた

「小さな経済圏」を実現したいと願うようになって、幾らが経った。

実は最近、ちょこちょこと実現し始めた。

▼例えば、こちら。

ここには、登場人物が4人いる。

まず、僕。僕は、このあと登場する3人に、Points of Youによるコーチングセッションを提供した。

次に、はちことりんだ。2人は、そのセッションの内容を、ラジオで紹介してくれた。

最後に、つっちーさん。そのラジオの内容を、文字起こししてくれた。

それぞれの得意なことを肩の力を抜いて行い、苦手なところを仲間に任せることができている。

これぞ、僕が理想とする「小さな経済圏」の成功例。

お互いがwin-winな関係であるから、心地よく小さな経済圏が機能している。

小さな経済圏を広げたい

僕は、こんな小さな経済圏が大好きだ。

心地良すぎる。

だから、自分の周りを取り巻く「小さな経済圏」を拡大したい。

今は、自分を中心に経済圏が生まれているが、いずれは仲間を中心とした経済圏も発生して欲しい。

そして、繋がりが繋がりを呼んで、経済圏の輪が広がって欲しい。

心地よい関係が広がって欲しい。

経済圏が大きくなって欲しいという感覚ではなくて、小さな輪が徐々に広がっていくイメージ。

あくまで、「小さな」がいい。

それくらいの感覚が、僕には心地いいな。

▼あわせて読みたい




記事のタイトルとURLをコピーする!
  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー

この記事を書いた人

ぞの

ぞの

セッションが大好きなPoints of You認定トレーナー/身近なコト・便利なモノを紹介するのが好き/Points of You・ガジェット・タスクシュートなど、ライフハックにまつわる記事が得意

MacBook

まず最初に読んでほしい7つの記事

1000以上ある記事の中から、厳選した7つの記事をお届けします。