湘南3daysワークショップ1日目〜最強の自分ではなくなった時=喉のチャクラがつまり始めた時〜

湘南3daysワークショップへ参加している。

今は、2日目の朝。

3日間あるうちの1日が終わっただけ、たった半日と夜の部が終わっただけ。

だけど、自分的には、かなりでっかい気付きがあって、満足感がある。

参加動機であった「言いたいことが言えない問題」の原点となった時を見つけたのだ。

幼稚園までは最強だった

まな板と言って、一人が代表して公開セッションを受けることができる。

僕は立候補しなかったが、様子を見ていて強く共感した。

なんども涙を流した。

また、その公開セッションの中で、僕自身、大きな気付きがあった。

「最強でなくなった時は、いつか?」と言う、カウンセラー役の立花岳志さんからの、クライアント役への質問によって。

僕は、自分に問うてみた。

「今は、最強か?」

「いや、違う」

「大学生の時?高校生?中学生?」

「いやいや、絶対に違う」

「じゃあ、小学生の低学年の頃は?」

「あれっ?まだ違う気がする」

「じゃあ、幼稚園の時か?」

「記憶が薄いけど、最強だった気がする」

最強でなくなった時を思い出す

自分への問いかけによって、最強だった時は、幼稚園の時だと気が付いた。

「じゃあ、なぜ最強でなくなったのか?」

当然、この疑問が湧いてくる。

何か決定的な出来事があったのか?

その答えを見つけるヒントになったのが、「小さい頃に呼ばれていた名前を呼んでもらうワーク」だ。

グループになって、みんなに僕の名前を呼んでもらった。

そしたら起こった反応は、皮膚がピリピリする感じ。どこか警戒している感じ。

この反応は、よくよく覚えのある反応だ。両親に呼ばれたら、よく皮膚がピリピリして、警戒感を高めていた。

これのキッカケは、「じゃあ、なぜ最強でなくなったのか?」という問いとイコールだった。

幼稚園頃から、父親に野球を教え込まれていたことが原因だ。

僕は、あの時から、最強ではなくなった。言いたいことが言えなくなった。

言いたいことが言えなくなった原因

少年たちが野球をしている

なぜ野球を教え込まれていたことが、言いたいことが言えない問題の原因なのか。

それは、どうしても野球を教えてくれるのを断れなかったからだ。

野球自体は、好きなスポーツだ。近所の川で、石を投げて遊んでいたことをよく覚えているし、よく友達と公園で野球をして遊んでもいた。

ただ、父から野球を教えてもらうことは、怖かったのだ。

できなかったり失敗すると激しく怒られるし、顔も本気だし、背も大きく体格もがっしりしている。

そしてまた、父は、野球に対しての思い入れがすごく強いのだ。

僕を、どうしてもプロ野球選手に育て上げたい。自分が叶えられなかった夢を、息子に託したい。

幼いながらに、この父の想いは、ずっと伝わっていた。

だから、父の期待に応えたい。父を喜ばせたい。悲しませたくない。

そのためには、僕は歯を食いしばってでも、父の言うことを聞かなければいけない。

そう、思い込んでいたのだ。

気付き、号泣

このことに気が付いた時、僕は、自然と泣いていた。

本当は、野球をやりたくない時も、父から誘われたら断らずに練習した。

父が怖くても、嫌な顔をしないで練習した。

何度も何度も、自分の思いを飲み込んできた。

そんなことを思い出し、号泣した。

第5チャクラが、開いた感覚

一通り泣いた後は、体に変化が起きた。

ずっと詰まっていた喉が、スーッと通った気がするのだ。

湘南ワークショップへ参加する前とは、違った感覚。

もしかしたら、参加目的であった、「言いたいことが言えない問題」が、解決の方向へ向かっているのかも知れない。

そう気が付いた、1日目だった。

記事のタイトルとURLをコピーする!




▼あわせて読みたい

ぞのセレクト

生活を支える厳選23アイテムをご紹介しています。
Apple製品を始めとしたガジェットから、ちょっと便利な文房具まで。