湘南3daysワークショップ2日目〜父親への憧れと、当たり前の幸せに号泣〜

湘南の海と富士山

湘南3daysワークショップ、今は3日目の朝。最終日。

1日目が終わった時点で、大満足していたのに、2日目もすごいことが起きた。

感性の扉が開きっぱなしで、ずっと泣いていた。

おかげで、泣きまくっている人と認知されるほどに。

その原因は、やはり父親との関係だった。

僕の家族は幸せな家庭だ

みんなの前でセッションを受ける大まな板というワークがある。

僕は指名されなかったのだが、人のセッションを見ていると、自分ごとのように感じる。自分の身に起こっていた出来事が思い出される。

2日目に気が付いたのは、我が家は幸せだということ。

父親は、仕事が終わったら真っ先に家に帰ってくる。母親も、すぐに家に帰ってくる。妹だって、家にいる。そして、温かい食事を家族全員で囲んで食べる。

それが、我が家の当たり前だ。

この当たり前に、他人のワークを見ていて気が付いた。

我が家の人たちは、なんて家族思いの人ばかりなんだって。食事が一緒にできるって、なんて幸せなんだって。

これに気が付いたら、涙が止まらなくなった。

他の人の家庭事情と比較して、という言い方は好きではないが、話を聞いていると、どう考えても我が家は幸せな家庭だ。

父は一人で頑張っていた

そんな幸せな家庭を支えてくれていたのは、間違いなく父親だ。

僕から見た父親の行動は、主なものだとたった2つしかない。

「仕事へ行く」か「ゴロゴロしている」か、だ。

けど、行動には現れていないけど、彼の頭の中は、家族のことでいっぱいだったことは伝わっていた。

僕ら子供達のこと、自分の親のこと、親戚のこと。

とにかく、家庭というものを大事にしていることは、よく伝わってくる。

つまり、家庭という大きなものを、一人で全部抱え込んでいたのだ。

その結果、父は今、精神が不安定になっている。

僕らには、決して弱いところを見せないが、絶対に苦しんでいる。

これは、他人のワークで見た光景と、僕の父親が重なった。

そして、号泣

この2つのことに気がついた僕は、もう涙が止まらなくなった。

嗚咽した。

素敵な家庭を築いてくれた父親に、感謝の気持ちが溢れてきた。

父親の頑張りに気がつくことができたことで、昔は、父親みたいになりたいと思っていたことも思い出した。

家族思いで、力強くて、堂々としている。

そんな、父のことを、自慢していたことを思い出した。

そんな、湘南ワークショップ2日目だった。

記事のタイトルとURLをコピーする!




▼あわせて読みたい

ぞのセレクト

生活を支える厳選23アイテムをご紹介しています。
Apple製品を始めとしたガジェットから、ちょっと便利な文房具まで。